kimkim: 2009年8月アーカイブ

7月18、19、20は熊本に帰省していました。
18日は両親と家で食事をして、19日は一人暮らししている祖母の家に遊びに行き、丁度土用丑の日だったので二人でうな重を食べました。

最近、食が細くなっていると聞いていましたがその割には自分より食べるのが早かったような。。。(笑)まだまだ、元気でいて欲しいです。

19日は友達と合流して、またフェデリコとクラレットに行ってきました。

フェデリコの記事はまた後日書きたいと思います。クラレットで飲んだワインの記事を早く書きたいと思っていたのでこちらから先に書くことにしましょう。その他にもたくさん書きたい記事が溜まっているのだけど。。。
20090823_opusone002.jpg
クラレットは本当に美味しいワインを出していただけるので、毎回楽しみにして伺っています。

今回の1本目は「Gevrey-Chambertin/DOMAINE THIERRY MORTET 2005(ジュヴレ・シャンベルタン ドメーヌ・ティエリー・モルテ)」というワインを出していただきました。確かお店での値段は20,000円位だったと思います。※ご承知の通り仕入れの値段により価格の変動があります。
20090823_opusone001.jpg
-------------------------
品名:Gevrey-Chambertin/DOMAINE THIERRY MORTET 2005(ジュヴレ・シャンベルタン ドメーヌ・ティエリー・モルテ)
生産国:フランス
地 方:ブルゴーニュ
地 区:コート・ド・ニュイ
造り手:ティエリー・モルテ
品 種:ピノ・ノワール
タイプ:赤、フルボディ
--------------------------

色はお店の中の照明などの関係からあまり参考にならないかもしれませんが、下の画像のような感じ。
20090823_opusone003.jpg
ブラックベリーの熟成感のある果実味にスパイシーなニュアンスがあります。また、木のような風味も感じられ全体に良い意味で複雑さがあります。余韻は長くエレガント。まだ少し若いので早めに栓を抜いておくか、デキャンタージュした方が良いように思います。

二本目は前から飲みたかった「Opus One 2004オーパス・ワン」をいただきました。

20090823_opusone004.jpg
-------------------------
品名:Opus One 2004オーパス・ワン
生産国:アメリカ
地 方:カリフォルニア
地 区:ナパ
造り手:バロン・フィリップ&ロバート・モンダビ
品 種:カベルネ・ソーヴィニョン 86%、カベルネ・フラン 2%
    プティ・ベルド 4%、メルロ- 7%、マルベック 1%
タイプ:赤、フルボディ
--------------------------

Opus One 2004オーパス・ワン」について少しマメ知識を。

ボルドーの5大シャトーで有名な、シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロッチルト男爵 とロバート・モンダヴィで「カリフォルニア最高の赤ワイン」の生産を目指し1979年にワイナリーが設立されました。場所はカリフォルニア州ナパ郡になります。

ワイナリーの建設には巨費が投じられ(フィリップ・ド・ロッチルトの資本でしょうか、、、?)品種はカベルネ・ソーヴィニョンが主となっています。ゆえに以前飲んだシャトー・ムートン・ロートシルト(過去記事へ)にかなり似ていますね。

他のワイナリーでは10分で終える作業をこのワイナリーでは10時間も費やして作っているとのこと。ブドウ栽培から瓶詰めまで細心の注意が払われているようです。

ワインのエチケットには二人の横顔とサインがあしらわれています。大変印象的なエチケットですね。「どうだ、俺らが作ったワインだ!」と言わんばかりです(笑)

味はというと、しっかりとしたタンニンがあり、スパイスのニュアンスも感じられます。ブラックベリーの熟した果実味も印象的ですね。凝縮された味わいが口に広がり、長い余韻があります。

豊かな果実味、洗練された酸味、しっかりしたタンニン。卓越した完璧なバランスと言えるでしょう。表現はあまり良くないですが、舌にねっとりまとわりつく感じもありました。

また、2004年というビンテージはここ4~5年くらいで最も良いワインのようですね。確か、2001年も良かったような?

20090823_opusone005.jpg
色は、光沢のある輝きのあるルビー色で味同様濃厚な色でしたね。

20090823_opusone006.jpg
多分、今まで自分が飲んだ中では1、2を争うおいしいワインだったと思います。口に含む度に満面の笑みがこぼれました。

とても幸せな時間をありがとうございました。

ちなみに「Opus One 2004オーパス・ワン」の価格は50,000円程度。

また、是非飲みたいワインでしたね。

CLARET(クラレット)
住所:熊本県熊本市下通1丁目6-5 第2丸愛ビル1F-A
電話:096-211-3260
営業時間:18:00~02:00
定休日:無休
前編を読んでない方は前編からご覧ください。>>前編へ

おいしいワインを飲みながら、まだまだ料理は続きます。
20090802_burgundy006.jpg
-総州古白鶏のテリーヌ
総州古白鶏がぎっしり。初めはささ身かな?と思いましたがパサつきがなかったので胸肉かもも肉だと思います。中央にはジュレが乗っていて、周りはベーコンで巻いてありました。味付けは淡白でとっても美味。

-シャンパーニュのグラニテ
写真とっていませんでした。。。今では思い出す術もなく。。。しかし、オーソドックスなグラニテだったような。。。
20090802_burgundy007.jpg
-野菜たっぷり和牛ほほ肉のブルゴーニュワイン煮込み
バーガンディおすすめの一品。牛のほほ肉を使っていて、煮込みすぎると食感と味わいが悪くなるので煮込みは2時間程度なのだとか。固さは煮込まれたタン程度です。確かに弾力性は保たれていましたね。

煮込みは長くはないですが、その前の下ごしらえに数日かかるとのこと。ブルゴーニュワインの風味も程よい。たくさんの野菜も取れてよかったです。やはり料理は手間ひまと愛情ですね。

そうしているうちにあっという間にワインがなくなり、次のワインを選ぶことにしました。
20090802_burgundy008.jpg
2本目は先ほど持ってきていただいた中の一番左にあった「Gevrey Chambertin J.Confuron Cotetidot 2004(ジュヴレ・シャンベルタン J.コンフュロン・コトティド)」にしました。価格は27,000円。先ほどの一本に比べるとエチケットが少し上品です。

--------------------------
品名:Gevrey Chambertin J.Confuron Cotetidot 2004(ジュヴレ・シャンベルタン J.コンフュロン・コトティド)
生産国:フランス
地 方:ブルゴーニュ
造り手:J.コンフュロン・コトティド
品 種:ピノ・ノワール
タイプ:赤、フルボディ
--------------------------
20090802_burgundy009.jpg
ピノ・ノワール独特の色と香り。スパイシーでタンニンもしっかりと感じられます。しかし、味わいにはトゲがなく少々インパクトにかける感じもしました。とはいえ優雅な雰囲気を感じられるおいしいワインでした。

色は上の写真のような感じ。先ほど飲んだRuchottes Chambertin Clos des Ruchottes 2006(リュショット・シャンベルタン・クロ・デ・リュショット)とほとんど同じですが、こちらの方が少しだけ明るい気がしました。

20090802_burgundy010.jpg
-仔鴨のロティ オレンジのハチミツのソース
こちらはコース料理にはなかったのですが別で注文しました。鴨独特の風味がありなかなか。こちらも野菜のソテーが沢山添えられていてボリュームの一品でした。コースの価格からすると少し割高な気もしましたが?というかコースがリーズナブルというべきですかね。

当日の料金は2人で80,000円前後だったと思います。大変美味しいワインと料理をありがとうございました。

思い出したらまたワインが飲みたくなりました(笑)

バーガンディ[ホームページ]
住所:渋谷区渋谷2-3-19 ROSE青山1F
電話:03-5941-6636
営業時間:19:00~
定休日:日・祝、年末年始

6月6日は友達と待ち合わせをして青山にある「Burgundy (バーガンディ)」というところにいってきました。場所は青山学院大学の西に位置しています。お店は中二階にあり入り口が少しわかり辛いです。現に通り過ぎてしまい少し道に迷ってしまいました。。。

お店は暗めで欧州デザイナー家具が設置されていて大人のシックな空間といった感じです。落ち着いているのでデートにはいいかもしれません。

こちらのお店はシャンパンとブルゴーニュワインがメインのお店です。
初めはシャンパンを飲みながらメニューを選ぶことにしました。
20090802_burgundy001.jpg
--------------------------
品名:CHAMPAGNE HENRI GIRAUD ESPRIT(アンリ・ジロー/エスプリ・ド・ジロー)
生産国:フランス
地 方:シャンパーニュ地方
品 種:ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%
格付け:AOCシャンパーニュ
タイプ:白
--------------------------

グラスシャンパンは「CHAMPAGNE HENRI GIRAUD ESPRIT(アンリ・ジロー/エスプリ・ド・ジロー)」でした。英国王室で認められた由緒正しいグラン・メゾンで、創業者フランソワ・エマールはルイ13世統治下の1625年にメゾンを設立したのだそうです。味はすっきりとした飲み口でなかなかでした。

料理は比較的良心的な値段設定。3,800円、5,800円のコース、それとアラカルトがありました。ワインバーにしてはアラカルトも充実しているような気がします。

マスター曰く「和牛ほほ肉のブルゴーニュワイン煮込み」がおすすめとのことでしたのでそのメニューが含まれている3,800円のコースに決定しました。

■アミューズ・ブーシュ
20090802_burgundy002.jpg
シャンパンとアミューズをいただきながら赤ワインのお話に。ブルゴーニュワインがメインということなのでやはり美味しいシャンベルタンにありつきたいものです。マスターとお話をしながら検討。マスターが裏のワインセラーへ移動し約7、8分程度経って写真の3本を持ってきてくれました。いずれもシャンベルタンになります。

20090802_burgundy003.jpg

右奥のワインは前回京都に行ったときに飲んだものと同じでしたね。ちなみに金額は左から27,000円、25,000円、23,000円。右奥の京都で飲んだワインが23,000円。。。京都で飲んだときにはビンテージも全く同じだったのに45,000だった記憶が。。。値段が違いすぎますね。

というよりはこちらの「Burgundy (バーガンディ)」さんが比較的安く出されていると考えたほうが正しいような気がします。

結局話し合いの上、一本目は中央にある「Ruchottes Chambertin Clos des Ruchottes 2006(リュショット・シャンベルタン・クロ・デ・リュショット)」にしました。

20090802_burgundy004.jpg

造り手はジュヴレ=シャンベルタンの顔というべき大御所のアルマン・ルソー。畑はシャンベルタンに良く似たグラン・クリュ(特級畑)だそうです。マスターも話してくれましたが、斜面に畑があるそうですね。

2006年でしたので少し若さを感じましたが、ポテンシャルは高く熟成されるとさらに深みが増し美味しくなるのではないかと思いました。シャンベルタン特有のミネラルとキレのある酸。それに、渋みとタンニンは感じられましたね。
20090802_burgundy005.jpg

色はこのような感じです。グラスを見ると少し冷えすぎていたかもしれませんね。

--------------------------
品名:Ruchottes Chambertin Clos des Ruchottes 2006(リュショット・シャンベルタン・クロ・デ・リュショット)
生産国:フランス
地 方:ブルゴーニュ
地 区:コート・ド・ニュイ
村  :AOC リュショット・シャンベルタン特級
造り手:ドメーヌ・アルマン・ルソー
品 種:ピノ・ノワール
タイプ:赤、フルボディ
--------------------------

後編に続く。

アイテム

  • 20090823_opusone006.jpg
  • 20090823_opusone005.jpg
  • 20090823_opusone004.jpg
  • 20090823_opusone003.jpg
  • 20090823_opusone002.jpg
  • 20090823_opusone001.jpg
  • 20090802_burgundy005.jpg
  • 20090802_burgundy010.jpg
  • 20090802_burgundy009.jpg
  • 20090802_burgundy008.jpg

このアーカイブについて

このページには、kimkim2009年8月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはkimkim: 2009年6月です。

次のアーカイブはkimkim: 2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。