kimkim: 2009年2月アーカイブ

20090207_joel_robuchon009.jpg

先日のラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションでは、シャンパンを飲み終えた後は「Domaine Serafin Gevrey Chambertin 1er Cru les Fontenys 2001(セラファン・ペール・エ・フィス ジュヴレ・シャンベルタン 1級 レ・フォントニ 2001)」というワインをいただきました。(写真左)

ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションはフランス料理ですのでワインリストはフランスワインがメインでした。しっかり記憶に残っていませんが、イタリア、チリ、カルフォルニアワインも多少あったように記憶しています。

横に広い丸みを帯びたブルゴーニュグラスにワインが注がれます。コルクは程度の良い柔らかさでした。

注がれたワインの色は綺麗なルビー色。

20090207_joel_robuchon005.jpg

今回、テイスティングは僕の方で担当しました。

私はボルドーワインを飲むことが多くブルゴーニュワインはどちらかというとまだ初心者です。

テイスティング時の香り、味、共に上品な魅惑的なワインだと感じました。ミネラル感がありスッと喉を通り抜けます。しかし、余韻は結構長く感じられましたね。

飲んだ瞬間に笑顔が出てしまいました。

濃密な果実味の中に深みと広がり。

飲みやすい万人受けするようなワインでした。

料理はフランス料理と言ってもどちらかと食材を生かしたシンプルな調理でしたのでブルゴーニュのワインが良く合います。

また、違うシャンベルタンが飲んだみたいですね。

大変満足の一本でした。

--------------------------
品名:Domaine Serafin Gevrey Chambertin 1er Cru les Fontenys 2001(セラファン・ペール・エ・フィス ジュヴレ・シャンベルタン 1級 レ・フォントニ 2001)
年代:2001年
生産国:フランス
地 域:ブルゴーニュ コート・ド・ニュイ
村  :ジュヴレ・シャンベルタン
品 種:ピノ・ノワール
ランク:AOC ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ
タイプ:赤 フルボディ
飲んだ場所:ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション
--------------------------

■ワインの評価
----------------------------------------------
味     :★★★★★
値段   :★★★★☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い

>> 同じワインを試してみる

2月7日(土)はラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションというところに食事に行ってきました。実は今日2月8日(日)が僕の誕生日でしたのでそれも兼ねまして。

ジョエルロブションは恵比寿、六本木をはじめ日本橋、名古屋、横浜と店舗があります。恵比寿は3ツ星、六本木は1ツ星を獲得しているようです。

店名のジョエル・ロブションとはオーナシェフのお名前で、ご本人はミシュラン3ツ星を史上最短で獲得したフレンチの巨匠であります。日本メディアでは「フレンチの神様」と称されることも多いとのこと。

ジョエル・ロブション氏が三ツ星を手にしたときに出したコメントが「三ツ星をいただいたという事は、私がそれに値しているというわけではありません。今、それを証明する権利ができたというだけのことです。」というなんとも料理に対しての飽くなき探求を表した言葉ですね。

そんな「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」は六本木ヒルズ内にあります。お店へはちょっと遅めの20時に伺いました。

20090207_joel_robuchon001.jpg

六本木ということもあり外国人の方が多かったですね。特にヨーロッパ系の方が多かったように思います。お店はモダンなデザインでほとんどの席がカウンター席と珍しいレイアウト。日本のおすし屋さんのカウンターからヒントを得たと仰っていました。日本人もお寿司の文化で慣れていますからその方が何処となく落ち着くかもしれませんね(笑)

20090207_joel_robuchon003.jpg

スタッフとお客とのふれあいも大切にした「コンビビアリテ(懇親性)」がテーマとなっているようです。

確かに座った前には自分たち一角の担当の方がいらっしゃいましたね。一人のスタッフが4程度を接客する感じでしょうか。その日は大変愛想よく対応していただきました。

20090207_joel_robuchon002.jpg

そして、まずファーストドリンクは「Bruno Paillard,N.M. Brut Premiere Cuvee」のシャンパンにしました。

料理はアラカルトで注文するかコースにするか悩みましたがコース(13,800yen)に決定。誕生日でしたのであれこれ悩むよりコースでおまかせして会話を楽しむ方がいいような気がしたのも選択の理由です。

しかし、担当の方が前にいらっしゃいますのでその方と話しながらアラカルトで注文するというのも楽しいかもしれません。現にこの日は一人のお客さんもたくさんいらっしゃってアラカルトで注文されていましたね。
次回は僕もそうしてみたいと思います。

シャンパンを飲みながらワインリストを眺めていましたが大体が1万円弱のワインから10数万円というラインナップでしたね。

そうしているうちに1品目。

- ハブゴ村のイベリコ生ハム

20090207_joel_robuchon004.jpg

こちらの生ハムはもっちりした食感で非常に味が濃厚。口に入れた瞬間に良質の脂がサラっと溶け出します。

そしてワインの1本目はシャンベルタンに決定。(ワインは後日詳しく書きます。)

20090207_joel_robuchon005.jpg

シャンベルタンはブルゴーニュでやわらかい上品な口当たり。タンニンの渋みを感じますが丸みを帯びたやわらかい感覚。非常においしい!

そして次の料理は

- ズワイ蟹をアボカドとリンゴのアンサンブルで 蕎麦粉のギャレットを乗せて

20090207_joel_robuchon006.jpg

こちらはパリパリとした傘状のものが乗っていて、それを初めに崩していただきます。雲丹のペーストも上に乗っていてアボガドとズワイガニを混ぜて一緒に口に運びます。食材の調和が絶妙でした。上から撮るとズワイガニがあまり見えないので横からも撮影!

20090207_joel_robuchon007.jpg

結構ぎっしりと詰まっていましたよ。

- 栗のなめらかなスープ フォワグラのソテーと共に セロリの香りで

20090207_joel_robuchon008.jpg

上の泡がふんわり滑らかで優しい口当たり。栗の甘みとスープの甘みそして程よい温かさ。完全に幸福感が。。。この時点で今日の料理への期待度マックス状態。

そしてワインの二本目はパルメ(写真右)。

20090207_joel_robuchon009.jpg

こちらも次回詳しく書きますが、しっかりした力強いタンニンでボルドーらしい味わいでした。2004年でしたので少し深みにかけていましたが時間が経つにつれ程よく酸化していました。

- フランス産グルヌイユのタンバル仕立て 軽いクリームをあしらって

20090207_joel_robuchon010.jpg

こちらは周りはマカロニで中は何だったかあまり記憶にありません。というのもこの上の白い先から骨が出ているものに気をとられていました。こちらは何ですか?と伺ったら「こちらは何でしょう?」と逆に質問で返ってきました(笑)「グルヌイユ」と言って食用カエルだそうです。多分カエルを食べるのは今回始めてかも。程よい塩味で美味しかったです。

- 天然真鯛のポワレ トマトのエッセンスをソース 茄子のピュレを添えて

20090207_joel_robuchon011.jpg

今日はメニューを見た時点で鯛が食べたいと思っていましたので待ちかねた鯛と言ったところです(笑)ほど良い魚臭さが残っていますが不快ではありませんでした。あっさりとしたトマトのソースもばっちり。皮はパリっとしていて中の身は締まっているというよりフワフワにやわらかい感じでした。口の中でホロホロと解け大変美味しかったです。

- 和牛バヴェット プランシャ焼き エシャロット風味

20090207_joel_robuchon012.jpg

本日のメインは友達とは別のものにしようと僕はバヴェットにしました。焼き方はレアでした。ソースは醤油のような風味がありましたね。隣の野菜とも愛称の良い味付けでした。肉質も繊維がきめ細かくモチモチとした食感。肉自体は柔らかく噛めば中から肉汁が溢れんばかりに出てきます。噛めば噛むほど美味しいお肉でしたね。やわらかすぎず硬すぎずでした。

20090207_joel_robuchon013.jpg

一緒に行った友達はシャラン鴨をシンプルにロースト。ひとつ交換していただきましたが、こちらもお肉の質が大変滑らかで美味。

20090207_joel_robuchon014.jpg

こちらはお口直し。上はバジルのシャーベットで下はベリーだったかな?バジルもかなり強い味でした。今思い出しただけでも唾液が。。。

- プレデセール

20090207_joel_robuchon015.jpg

そしてデザート。上には薄く延ばした飴が乗っていてアイスと柑橘系の果物を楽しみます。下の小さな丸いものは金柑だそうです。産地は熊本産。僕の同郷です(笑)

- エスプレッソをプティフールと

20090207_joel_robuchon016.jpg

そしてチョコレートとゼリー。

コースすべて、大変美味しくいただきました。凄く満足でした!

そしてこの日、実はもうひとつサプライズがありました。

昨日はあのフレンチの巨匠、ジュエルロブション氏がお店にいらっしゃったのです。年に3回程度しか来日しないそうで、それもお店に出るのは一度の来日中で2~3日程度。また六本木店か恵比寿店どちらにいるか不明だそうで、昨日はたまたま六本木の店舗にいらっしゃったようです。

お店に入って席に通されている時に、何かお客の動向に違和感があって見てみたらロブション氏がいて本当に目を疑いました。

食事中もロブション氏の行動を見ていましたがファンサービス旺盛でした。お客に対して声をかけたり記念撮影をしてくれたり結局僕がいた時からお店が閉店するまでいらっしゃいましたね。

通訳の人もつけてお話をされていました。料理人に対しても厳しい目で見ていましたが愛情のある接し方で指導をされていました。本人は「最高の状態でやめたい」と「ジョエル・ロブション(Joel Robuchon)」を1996年7月に閉店し引退したそうで、現在は料理は作られていないみたいですね。

実は僕もちょっとばかりのお話、握手、そしてちゃっかり記念撮影もしてもらいました(笑)

20090207_joel_robuchon018.jpg

ロブション氏のメッセージとサインを添えていただきました。多分皆にしているわけではなくお客を選んでのサービスだと(笑)。

そして最後のお会計前にテーブルでお話をした女性は僕と同郷で(金柑もだけど(笑))いろいろ話が盛り上がりました。次回うかがったときには顔を覚えていただいていると嬉しいのですが。

先にも書きましたが常連さんがひとりでこられているのも多くお見受けしたので自分もこういうところにふらっと入れるようになりたいなって思いましたね。

お会計は90,000yen Over。

でも、今回は本当に楽しい誕生日ディナーでした。しっかりと思い出に残りました。

ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション [ホームページ]
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド 2F
電話:03-5772-7500
座席:64席
営業時間: ランチ :月~金   11:30~14:30(L.O.)
     土・日・祝 11:30~15:00(L.O.)
ディナー:18:00~22:00(L.O.)
1月30日の金曜日は友達が美味しいシャンパンを入れるからというお誘いをいただいたのでお伺いすることに。

後ほど聞いてみるとこの日に入れるシャンパンは「ペリエ・ジュエ キュベ ベル エポック 2000」とのことで、前から一度は飲んでみたいと思っていたシャンパンで大変楽しみでした。

20090130_belle_bepooue001.jpg.jpg

ベル エポックについてちょっと詳細をば。

ペリエジュエ社はコルク職人だったペリエ=ジュエペリエ=ジュエ家が1811年に設立。19世紀後半、当時珍しかったブリュット(辛口)のシャンパンを送り出しました。時代に先駆けたシャンパン・メゾンと言えます。

20世紀を記念して作られたベル・エポックはグランクリュ100%のシャルドネを使用していて、繊細でエレガントな味わいが特徴です。

飲んでみての感想は、色は綺麗な輝きのある黄金色で泡立ちもきめ細かく大変美しいです。芳醇な香りで口当たりも完璧ともいえるバランスが取れた仕上がりだと思います。辛口ですのでキリリとした印象はあるもののエレガントさも兼ね備えて大変満足のいくシャンパンでした。

周りに喫煙者がいらしたのがちょっと残念でしたが。。。

また、ベルエポックにはただ美味しい意外にもうひとつ特徴があります。それはアネモネの花をあしらったボトルデザインでエレガンスな味わいとともに"フルール ドシャンパーニュ"(シャンパンの華)と称されパリ、ロンドン、ニューヨークなどの世界の主要都市で愛飲されています。

お値段はお店で 40,000yen

--------------------------
品名:Perrier Jouet Cuvee Belle Epooue(ペリエ・ジュエ キュベ ベル エポック2000)
年代:2000年
生産国:フランス
地 域:シャンパーニュ地方
造り手:ペリエジュエ
品 種:シャルドネ50%、ピノ・ノワール50%
ランク:AOC
タイプ:辛口
--------------------------

■ワインの評価
----------------------------------------------
味     :★★★★★
値段   :★★★★☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い
>> 同じワインを試してみる

ちょっと調べてみました。随時更新予定です。

ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション 六本木ヒルズ☆☆☆
http://r.gnavi.co.jp/p806301/

AW キッチン☆☆☆
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/13545/

リストランテASO☆☆☆
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000912336/M0013000159/

トラットリア  トルナヴェント☆☆☆
http://www.tornavento.jp/menu.htm

Maxim's de Paris☆☆
http://www.maxim-s.co.jp/

エノテーカ ピンキオーリ☆☆
http://r.gnavi.co.jp/pinchiorri/

モナリザ 恵比寿店☆☆
http://r.gnavi.co.jp/g205100/

SABATINI di Firenze 東京店☆☆
http://r.gnavi.co.jp/g001103/

トラットリア・デッラ・ランテルナ・マジカ☆
http://r.tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13015855/

アルジェントASO
http://www.hiramatsu.co.jp/restaurants/argento-aso/menu/

デリツィオーゾ・イタリア
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23008481/

トラットリア シチリアーナ・ドンチッチョ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13026215/

アイテム

  • 20090207_joel_robuchon018.jpg
  • 20090207_joel_robuchon016.jpg
  • 20090207_joel_robuchon015.jpg
  • 20090207_joel_robuchon014.jpg
  • 20090207_joel_robuchon013.jpg
  • 20090207_joel_robuchon012.jpg
  • 20090207_joel_robuchon011.jpg
  • 20090207_joel_robuchon010.jpg
  • 20090207_joel_robuchon009.jpg
  • 20090207_joel_robuchon008.jpg

このアーカイブについて

このページには、kimkim2009年2月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはkimkim: 2009年1月です。

次のアーカイブはkimkim: 2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。