kimkim: 2008年11月アーカイブ

11月20日にボジョレー・ヌーボーが解禁になりましたね。
ご存じの通り日本は日付変更線の関係から世界で1番最初に解禁になります。

友人も20日の0時半にヌーボーを飲んでいるという画像を送ってくれました。さすが(笑)

僕は当日は飲めませんでしたが会社の同僚からヌーボーの会のお誘いを以前からいただいていたので21日の金曜日に仕事を終えて参加してきました。

この会は同僚の両親が料理屋さんをされているのでそちらに参加者がヌーボーを1本ずつ持ち寄りたくさんのヌーボーを堪能しましょうというスタイル。

今回は15名の参加者が集まり15本のヌーボーが集まりました。

20081121_nouveau001.jpg

料理は魚が中心。赤ワインを飲むときはお肉が良いと俗に言いますが、ヌーボーくらいライトであれば魚も合いますね。

20081121_nouveau002.jpg

写真は黒ムツの焼き物。写真では分かりづらいですがかなり大きいです。味はいたって淡白。

はじめは白をいただきながら会が始まりました。それぞれ自己紹介を行いましたね。中にはワインの資格をお持ちの方もいらっしゃいました。IT系からワイン関係のお仕事に転向されたのだとか。ちょっとうらやましいかも(笑)

さてさて料理は続きます。

※料理の紹介は一部です。

20081121_nouveau003.jpg

ほうぼうのお造りは新鮮でしたね。中央にある顔は強烈(笑)こうやってみるとトラフグに似ているかも。赤見、カンパチ?もなかなかでした。

20081121_nouveau004.jpg

サンマの煮付け、あん肝、白い野菜は、、、忘れてしまいました(笑)薬味は梅肉と味噌を混ぜたものでいただきました。

20081121_nouveau005.jpg

里芋と上に乗っているのはとろろ昆布。里芋のねっとりした食感とところ昆布の香り、粘りが良くあっていました。

20081121_nouveau006.jpg

里芋のから揚げ。想像通りのお味。さつまいものから揚げはよく見かけますが里芋のから揚げも良いですね。

20081121_nouveau007.jpg

雲丹のから揚げは味が凝縮されていましたね。ムラサキ雲丹かな?開いた際の写真を撮っておくべきでした。

20081121_nouveau008.jpg

あとは、トルコ土鍋で野菜の蒸し焼き。秋の味覚を堪能できましたね。開けた瞬間にマツタケの香りが。。。野菜をそのまま蒸した形になりますので野菜の味がそのまま凝縮され引き出されていました。

調味料をあまり使っていない素材を生かした料理はワインの味を楽しむにはいいかもしれませんね。

相変わらず料理ばかりのご紹介になっていますが、ヌーボーはフレッシュで果実味がありました。ついつい笑みが出る元気な味です。有機栽培のブドウを使ったヌーボーも良かったです。

ヌーボーは香が少ないのがちょっと残念ですね。ワイン好きの人はヌーボーを好まない方もいらっしゃいますよね。でも、お祭りとして楽しむのもいいかもしれません。飲む口実にもなりますし^^

さて、僕がこの会に持っていったヌーボーはMaison Leroy Beaujolais Villages Primeur 2008(ルロワ ボジョレー ヴィラージュ プリムール)という銘柄です。(当日、ワインに精通している人に聞いたと勘違いしていましたけど、ルロワを教えてくれたのは会社の隣の席に座っていたIさんでした。。。この場を借りて訂正。失礼しました。)

ルロワはヌーボーにしては深みがあり、タンニンの渋みを感じられました。ヌーボーという印象は少し薄いですがおいしい普通のワインという感じでリッチさ、エレガントささえ感じさせます。なかなか好評でした。このタイプだと熟成させてもいいかもしれませんね。

うちの会社からもう一人一緒に参加されたAさんからルロワはズルイといわれてました(笑)確かにそれは分かる気が(笑)高島屋のワインショップにはルロワがたくさんあるとの情報をいただきましたので一度是非行ってみたいですね。

終電の時間がぼちぼち近づくに連れて1人、2人と人が減って行き最後にはうちの会社の3名になってしまいました。最後は結構白熱した仕事観のお話になる。皆さん独自の切り口でお話が進み大変勉強になりました。もっと自分のことも見つめなおす必要があると感じましたね。

今回おいしい料理をご提供していただいたお父さん、お母さんもすごく味のある素敵なご両親でした。お父さんは熊本出身らしい。僕と同じ肥後もっこすです(笑)

20081121_nouveau009.jpg

今回は大変楽しい会でした。ありがとうございました!

----------------------------------------------
品名:Maison Leroy Beaujolais Villages Primeur 2008(ルロワ ボジョレー ヴィラージュ プリムール)
年 代:2008年
生産国:フランス
地 域:ブルゴーニュ地方ボジョレー地区
造り手:メゾン・ルロワ
品 種:ガメイ100%
ランク:A.O.C ボジョレー・ヴィラージュ
タイプ:ミディアム
----------------------------------------------
味     :★★★★☆
値段   :★★★★☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い

>>  同じワインを試してみる

11月16日は伊勢丹メンズ館に買い物に出かけました。街はやはりクリスマス色が強くなってきましたね。

この日はジャケットが欲しかったのですが結局ジーンズとカットソーを購入しました。

伊勢丹は副都心線が開通すると同時に食品売り場が一新されたたみたいです。丁度帰る途中に食品売り場を通るので誘惑が。。。(笑)

伊勢丹のワインショップはシックな作りでワインが整理して陳列されています。ひときわ目を引きますね。店内にはソムリエバッジをつけた方もたくさんいらっしゃいますので相談してワインを決めるのも楽しみの一つです。

この日もソムリエさんと話しながらワインを決めました。 今回はイタリアワインにしてみました。最近、イタリアワインも飲むことが多いですね。 エチケットは何となく見たことがあると思っていたら、以前友達が持ってきてくれた「ブルネッロ・モンタルチーノ」を飲んだ時についていたARGIANOの文字。エチケット自体も似ていました。

20081116_nc_argiano001.jpg

モンタルチーノとの関係性を聞いてみるとアルジャーノは生産者のようでしたね。近いエリアのブドウを使っているが「ノン・コンファンディテュール」は比較的安価なためブレンドの品種はそこまで信頼が置けるものではなさそうとのことでした。

しかし、これも巡り合わせ(笑)

もう一本似たようなタイプを勧められましたがはじめから気になっていた「ノン・コンファンディテュール」にしてみました。

味わいはいかにもイタリアワインという感じで、サンジョベーゼ独特のタンニンがあり、カルベネ・ソーヴィニヨンのスパイシーさもありましたね。果実味もそこそこで甘みもしっかりと、まとまった印象を受けました。

料理は簡単に生ハム、キノコのオムレツ、トマトソースのペンネ、バケットにしてみました。最近は料理を作ってひとり飲みが多いです。

アルジャーノは「ノン・コンファンディテュール」「ブルネッロ・モンタルチーノ」、その他に「ソレンゴ」というものがあるようで、アルジャーノを世に知らしめた立役者は「ソレンゴ」だそうです。是非飲んでみたい一本ですね。

有意義な日曜日の夕食でした。

----------------------------------------------
品名:NON CONFUNDITUR ARGIANO 2006(ノン・コンファンディテュール アルジャーノ)
生産国:イタリア
地 域:トスカーナ
品 種:サンジョヴェーゼ40%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%、メルロー20%
タイプ:フルボディ
----------------------------------------------
味     :★★★☆☆
値段   :★★★★☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い

>> 同じワインを試してみる

昨日、Yahoo!トピックスに「神の雫がドラマ化」のニュースが出ていましたね。ちょっと記事にするには遅いか(笑)

主役は亀梨和也くんらしい。

個人的な意見としては神咲 雫と亀梨のキャラクターとではちょっとギャップがありますね。
父、神咲 豊多香が偉大なワイン評論家という設定なので雫は本来のおちゃらけキャラであってもある程度の品格がないと。。。

ちなみに遠峰 一青役が「ぺ」さんになるといううわさもありますね。というか遠峰一青はペ・ヨンジュンがモデルになっているそうです。原作者の亜樹直はペ・ヨンジュンの熱心なファンとのこと。

確かにあのキザ過ぎる台詞でもペ・ヨンジュンだったら言えるかも。。。

でも、亀梨とペ・ヨンジュンの共演には違和感が^^;

ではだれ?

また、さらに気になるところは原作がまだ続いていてそれがドラマになった時の最後はどうなるのだろう。
十二使途となるワインを探すというストーリーはまだまだ長く、完結しない間にドラマが終わってしまいそう。。。そうした場合は?と興味深いのであります。

2009年1月からだそうです。楽しみ。

そうそう、予断ですが最近ブログを拡張してワインの知識や楽しみ方に関するページを作成しています。でも、全くインデックスされないのでここにリンクを掲載してみることに(笑)

サイトマップ
ワインが楽しめるお店(レストラン)
フランスワイン
ワイングッズ

とか。良かったらご覧下さい。
昨日は友達が誘ってくれた「イル・ムリーノ ニューヨーク(Il Mulino New York)」へ行ってきました。

六本木のけやき坂にあるお店。

六本木は半年くらい仕事で通っていて、今回は六本木に行くのも久しぶり。相変わらず大江戸線のホームまでは深い。。。

六本木も全盛期のにぎやかさはなくなったような気がしますが、この日もたくさんの人がいましたね。

20081108_ilmulino003.jpg

友達とはけやき坂にあるルイヴィトンで待ち合わせ。入るのにちょっと躊躇います(笑)

20081108_ilmulino002.jpg

友達と落ち合い少しブラブラした後お店へ。

今回のお店はイタリアンではありますがニューヨークで流行っているとのことでしたので、行くまでにジャズを聴いていきました。先日、「BEST JAZZ PREMIUM 100」と「BEST CLASSICS PREMIUM 100」を買っていましたからね。何となくニューヨークに行ったときのヴィレジバンガードを思い出しました。

六本木の夜景がいつもとは少し違ってみえました?(笑)

20081108_ilmulino001.jpg

さて、イル・ムリーノ ニューヨークは「ザガットNY版」イタリアン部門で19年間No.1に君臨しているとのこと。六本木店はその名誉あるレストランの世界第2号店だそうです。最高の食材、ガッツィー&ガーリッキーな味、そしてビッグポーション。お店に着くまで楽しみでした。

階段を上がった先には重厚な扉があり、敷居が高く少し入りにくい感じ。

20081108_ilmulino004.jpg

扉を開け入ると綺麗な女性が最高の笑顔で迎えてくれました。

店内はほとんど真っ暗。ろうそくの明かりだけがテーブルを照らしています。ちょっと怪しい雰囲気(笑)デートにはいい感じですかね。

20081108_ilmulino005.jpg

テーブルに案内されると早速料理が用意されていました。
※今回はあまりにも暗かったので料理の写真は撮れませんでした。。。

・ズッキーニのマリネ
・トマトのブルスケッタ
・クリスピーに焼き上げたフォカッチャ
・カチャトーレ(ドライサラミ)
・パルミジャーノ・レジャーノチーズ
・ガーリックブレッド

とりあえずオーダーする前にこれらを食べてください。ということらしい。日本でいうお通しのような感じですかね。それにしても量が多い。。。

また、味が濃くガーリックが効いていました。ズッキーニのマリネもかなりオイリーでしたね。

イタリアンという先入観を持たずニューヨークスタイルという意識で挑んだ方がいいことをここで悟りました(笑)

ガーリックブレッドやチーズも美味しかったですね。

そうそう、料理に手をつける前に白ワインをオーダーしていました。

イタリアワインの知識には然程明るくないのでソムリエにどのワインにするか選ぶのを手伝っていただきました。果実味のあるソービニョン・ブラン、もしくは少し重厚な深みのあるシャルドネで迷いましたが今回はシャルドネの「SANCT VALENTIN 2006(サンクト・ヴァレンティン) 12,600yen」をチョイスしました。

確かに白ワインにしてはボリューム感豊かな味わいで、深みがあります。口全体に広がるアフターも長め。また口に含んだ時に程よいコルクの香りとキリリとした味が大変美味しく感じました。また、アロマもかなりしっかりしていましたね。

続けて料理はしたのとおりに注文

前菜:ポルチーニだけのガーリックソテー

季節の食材を使っていたので即決定。ガーリックがしっかりしていてかなりパンチがあります。また、オイルもたっぷり。噛んだ時に芯がシャクシャクと音を立てて五感を刺激します。素材が良かったですね。

パスタ:白トリュフをかけたクリームソースのパッパルデッレ

パッパルデッレとはイタリアのトスカーナ州でよく用いられるパスタの一種だそうです。モチモチした食感とクリーミーなソースがなかなかでした。白トリュフを上にかけてくれたのですが削っていただいている時から香りがしていましたね。でも、量はちょっとおとなしめ。熊本の時のようにふんだんにかけて欲しかったですね。。。その時の記事はこちら>>

メイン:仔牛カツレツのチーズ焼き

こちらは、ボリュームに驚きました。上の2つの料理もテーブルに持ってきていただくときから取り分けてくれていたのですが、仔牛カツレツのチーズ焼きは取り分けはまだ?と思ったくらい大きかった。。。というか大食漢ではない自分は途中でギブアップ(笑)コショウの香りがスパイシーさを強調し、トマトの甘みでまた違った味わいを演出。仔牛の肉を使っていましたのでやわらかくて美味しくいただきました。

スイーツ:ガトーショコラ

デザートもかなりボリューミー。ガトーショコラのケーキが3カットに生クリームが皿一杯に広がりその上にいろんな種類のベリーが並べられていました。シナモンの香りが印象的でしたね。エスプレッソと一緒に美味しくいただきました。

メインにあわせたワインは「BRUNELLO DI MONTALCINO ANTINORI 2003(ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ アンティノリ) 16,900yen」。

こちらも香りが大変よく、フルボディのおいしいワインでした。まだ若いワインでしたのでデキャンタージュしてくれましたね。口当たりは滑らかかつ豊かで芳醇。果実味があり、質が高くバランスの良いワインです。最後の一杯は特に美味しく感じました。ワインの香りは本当に落ち着きます(笑)

ワインリストを見てみますとイタリアワインとアメリカはカリフォルニアワインが中心です。1万円を切るものから3、40万円というものもありましたね。

食事中はソムリエが頻繁にワインを注いでくれます。その他、ワインをオーダーする時や、料理を運んでくれるときに軽く話をするのが楽しいですね。

「六本木という立地柄、外国人のお客さんが多いですね。」と話を振ったら最近は今回の不景気の煽りで凄く影響がでているのだとか。

ヒルズに入っていたリーマン(サラリーマンではなくリーマンブラザーズの方ね!)のお客さんも多かったでしょうからね。。。

有名人も多いそうですが、この日は軽く見渡しましたがいらっしゃいませんでしたね。また、豪快に飲んでそうな方もいませんでした。

正直、こちらのお店はネット上で酷評が多いです。

上にも書きましたがあくまでもアメリカで流行っているお店として入った方がよいでしょうね。また、ひとつひとつがカロリーが高そうですから、ダイエット中の方は考えた方がいいかもです(笑)

しかし、パワフルで元気がでる味付けと言えます。故に会話が弾みあっという間に時間が経ってしまいました。7時から22時半までと少し長居をしてしまいましたがこのくらいゆっくり飲んで空間とサービスを楽しみたいですよね。

このお店は特にクリスマスの時はいいかも。周りは暗くろうそくがゆらゆらとし雰囲気もありますしね。

今回も大変楽しい食事でした。

お会計は2人で 72,000yen。

品数から考えるとコストパフォーマンスは良くないようです。。。(笑)

明細を見て「白トリュフのパッパルデッレ」が15,750yenというのにはちょっとビックリでした。

次は何処に行きましょうかね。

イル・ムリーノ ニューヨーク(Il Mulino New York)[ホームページ]
住所:東京都港区六本木6-12-4 六本木ヒルズ六本木けやき坂通り
電話:03-5786-0337
座席:142席
営業時間:18:00~23:30(L.O.22:30)
     18:00~03:30(L.O.03:00)(ラウンジ)


今回飲んだワインの詳細

----------------------------------------------
品名:SANCT VALENTIN 2006(サンクト・ヴァレンティン)
生産国:イタリア
地 域:アルト・アディジェ
品 種:シャルドネ
ランク:Alto Adige D.O.C.
タイプ:フルボディ
----------------------------------------------
味     :★★★★☆
値段   :★★★★☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い

>>  同じワインを試してみる


----------------------------------------------
品名:BRUNELLO DI MONTALCINO ANTINORI 2003(ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ アンティノリ)
生産国:イタリア
地 域:トスカーナ
品 種:ブルネッロ(サンジョヴェーゼ・グロッソ)
ランク:D.O.C.G
タイプ:フルボディ
----------------------------------------------
味     :★★★★☆
値段   :★★★★☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い

>>  同じワインを試してみる

おまけ:

20081108_ilmulino006.jpg

マセラティかっこよすぎです。。。

>>  グランツーリズモ体験はこちら

自炊

| | コメント(0) | トラックバック(0)
最近はまた自炊するようになりました。
昨日、今日は一人で食事にもかかわらずしっかり作りましたね(笑)

今日もレシピ本を新しく購入しました。これからも週末は出来るだけ料理をしたいと思っています。平日は遅くなることが多いので難しいですが。。。

ワインに合う料理も上手に作れるようになりたいですね。食材や調味料が独特なので手に入れるのは大変そうですがその辺は少しずつかな。

スーパーに行くと季節の食材が分かりますし、食材の鮮度にも敏感になります。また、食材の名前も覚えるので外食してブログを書くときにも役立ちそうです。

もう、コンビニ弁当の味付けが最近ちょっと受け付けなくなってきました。。。

やはり自分で作ったものの方が健康的で美味しく感じますね。
成人してからの健康管理は自己責任。

健康だと仕事に対する意欲も変わってきますしね。

今週末は何を作ろうかなぁ。

昨日は新宿に買い物に行っていて軽く食事とワインを飲みたかったので伊勢丹の近くにある「MARUGO」というワインバーに行ってきました。立ち飲み形式ですがソムリエの方もいらっしゃるのでオーダーの際にアドバイスしてもらっています。

昨日飲んだワインとシャンパンは

・カディノワ NV(スパークリング)
・プイイ フィッセ 03 シャルドネ(白)
・ブルゴーニュ ルージュ 06(赤)
・テレ ジョンヌ 05(赤)
(※オーダー順)

この中では「テレ ジョンヌ」が一番僕の好みでしたね。「プイイ フィッセ(白)」が一番値段が高かったですが普段飲んでいるシャルドネの方がおいしいかも。。。

料理は

・サーモンのカルパッチョ
・鶏白レバーのペースト
・みつせ鶏のグリル

20081102_marugo001.jpg 20081102_marugo003.jpg

一人だったので意外にお腹いっぱいになりました。

店長さんも若い方で気軽な感じです。ワインのメニューが黒板に書いてありますが、そこのリストにないものも言ったら出していただけるみたいです。

20081102_marugo002.jpg

調べたところ席数が55席とありましたが実際はもっと少ない印象でした。

今度は六本木のワインバーに行ってみたいですね。

店名:マルゴー(MARUGO)
ジャンル:ワインバー
TEL:03-3350-4605
住所:東京都新宿区新宿3-7-5
座席:55席
営業時間:18:00~24:00

アイテム

  • 20081121_nouveau009.jpg
  • 20081121_nouveau008.jpg
  • 20081121_nouveau007.jpg
  • 20081121_nouveau006.jpg
  • 20081121_nouveau005.jpg
  • 20081121_nouveau004.jpg
  • 20081121_nouveau003.jpg
  • 20081121_nouveau002.jpg
  • 20081121_nouveau001.jpg
  • 20081116_nc_argiano001.jpg

このアーカイブについて

このページには、kimkim2008年11月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはkimkim: 2008年10月です。

次のアーカイブはkimkim: 2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。