kimkim: 2008年9月アーカイブ

9月15日(月)は昼前から南禅寺に向かいました。

南禅寺には入ってすぐに大きな三門があります。2層からなる高さ22mの壮大な楼門で上に登ってみると意外と老朽化が進んでいる印象でした。

上から見る景色はなかなかなもので、静かな中、鳥の声や葉の重なり合う音、空気の音(空気の音は感覚的に。。。)、そのような自然の音が聞こえて本当に心が癒されました。田舎のおばあちゃんの所に来たようなどこか懐かしい感覚。こういうのって都会にいると忘れがちですよね。

確か鎌倉の建長寺にも同じような大きな門がありました。同じ頃に建てられたものかな?

また、南禅寺は水路閣も有名です。琵琶湖から京都市内に向けて引かれた水路で南禅寺の一角だけレンガ造りになっており他の景観とは全く異なります。テレビのサスペンスドラマでよく撮影に使われているようですね。

その他も比較的ゆっくり廻ることが出来ました。


お昼は南禅寺のすぐ隣にある「順正」というところに入りました。

京会席の料理屋さんで表で案内している人に聞いたところ頼む料理の金額で通される棟が違うとのこと。せっかくだからと良い方にしました(笑)

ここは湯どうふが有名のようですが、前回京都に来た時には豆水楼で湯どうふ腐を食べましたので今回は湯葉会席にしました。

先附、前菜、造り、炊合せ、湯葉鍋、焼物、油物、赤だし、ご飯、香物、水物という順に出てきます。

20080915_jyunsei01.jpg

鯛のお刺身はみずみずしくて身がぷりぷりとしまっていました。包丁の入れ方が上手。

20080915_jyunsei02.jpg

繊細で手の込んだ料理は見た目も美味しい。

20080915_jyunsei03.jpg

素材の味が引き立っています。やわらかすぎず固すぎず。繊維質を残した食感も大切ですね。

20080915_jyunsei04.jpg

器も可愛い(笑)

20080915_jyunsei05.jpg

上の器をあけたらこんな感じ。焼き物をあっさりポン酢でいただきます。かぼすをかけてエリンギ、ナス、マツタケ、白身魚、銀杏もおいしい!

20080915_jyunsei010.jpg

料理はまだまだ続きます。油物もカラッと揚がってもたれません。色合い鮮やかで本当に綺麗です。

20080915_jyunsei011.jpg

栗と黒米、赤だし、香物。ある程度のお店に行くと出てくる料理で季節の移り変わりを感じることが出来ますね。

20080915_jyunsei012.jpg

デザートも堪能。わらび餅、羊羹、シフォン、なし、メロン、、、この上ない。

20080915_jyunsei013.jpg

そして終始作り続けた湯葉は鍋から豆乳がなくなるまで何枚でも食べられます。濃厚で深い味わい。

20080915_jyunsei014.jpg

まだ固まりきれてないところも一緒に付いてきてとろっとろ。やさしいお味です。美味!!!今回のように自分で湯葉を作って食べる形式は始めてでしたが、綺麗に取れたときには本当に嬉しいです(笑)どの料理も上品な味で大変美味しくいただきました。


それと、順正さんのもうひとついいところは窓から見える庭園。

20080915_jyunsei08.jpg

以前はこの場所で順正書院という塾を開き、加茂河原から石を運んで流れや池を作った文化財だそうです。

20080915_jyunsei09.jpg

静寂の中綺麗な庭を見ながら食事をする贅沢さ。

何物にも変えがたいですね。是非また伺いたいです。


南禅寺 順正[ホームページ]
京料理、懐石料理
TEL:075-761-2311
住所:京都府京都市左京区南禅寺門前

9月14日(日)は早めに起きて大覚寺→常寂光寺→竹林の道→竹林の道→渡月橋とテンポよく観光し、丁度お腹もすいてきたので渡月橋の近くにある「熊彦」というお店に入りました。前日、先斗町あたりでお食事処を探している時に目にした「たん熊」というお店と系列店のようです。

tankuma.jpg

料理は「松花堂」というものを頼み、さくっといただきました。

料理は美味しくいただきました!レベルは普通程度といったところでしょうかね。ゴマ豆腐は普段食べる機会が少ないですが久しぶり食べると美味しいです。

食事が終わって石庭がある龍安寺へ。

龍安寺の方丈庭園は石が15石あり、何処から見ても全ての石は見えないということで有名なのですが、、、見えてしまいました。 うぐいす張りの奥から6枚目がポイントです(笑)

熊彦 嵐山店 (くまひこ)[ホームページ]
京料理、懐石料理
TEL:075-861-0004
住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町5-1

9月13日~15日は京都旅行に行ってきました。

秋の京都にはまだまだ早く、紅葉は11月後半からといわれています。 しかし、9月の京都も緑が綺麗ですし夏休みほどの込み合いもありませんから意外と穴場の期間かもしれません。今回の旅行で行った場所やいただいた京料理はまた別の機会に書くことにしましょう。

東京に帰ってきて早速ですが14日の日曜日に飲んだシャンパンとワインのことを紹介しておきます。

場所は宿泊先のホテル日航プリンセス京都にある「嵯峨野」という日本料理内の鉄板焼きのお店。

料理は1万5千円のコースと別に飲み物をオーダー。
シャンパンは「Taittinger」1万3千円、ワイン(赤)は「Chateau d'Issan 2004 Margaux」1万8千円という組み合わせ♪大変美味しくいただきました。

始めにシャンパンは「Taittinger」いう以前熊本に帰った時に飲んだもので、モエやクリコに比べると泡がきめ細かく、エレガントかつ複雑で上品な印象を受けます。

後口もすっきりしていてバランスが取れた大変美味しいシャンパンです。

20080914_sagano001.jpg

前菜は、秋刀魚の煮付け、ゴマ豆腐、とこぶし。とこぶしってあわびの小さいやつだったかな?しかし、あわびに比べるとかなりやわらかかったですね。

20080914_sagano002.jpg

なすと、しいたけの焼き物。こちらは抑え目の塩加減で素材の美味しさを引き出されてました。

20080914_sagano003.jpg

ホタテ、海老、海老の頭、鯛。海老はプリプリ、海老の頭はカリカリ。美味しくないわけないです(笑)ホタテもしっかり食べ応えがあって鯛も結構身がしまっていました。シャンパンが良く合います。もうすこしゆっくりだったら白ワインもグラスで飲みたかったですがここまでの料理が出てくるペースが意外に早い印象を受けましたね。

メインのステーキを焼いている画像は、、、

20080914_sagano004.jpg

肉が立ってるー(笑)

20080914_sagano005.jpg

シェフに牛の産地を聞いてみると信州牛のA5ランクとのことでした。せっかくですのでレアで焼いてもらうことに。一つ一つも結構なボリュームで噛むたびに肉汁がジュースのようにあふれてきました。最後に肉の繊維質が残る感じ。

以前食べた熊本の神戸牛とはまた全然違った印象を受けましたね。油は神戸牛の方が乗っていて最後に残る繊維質もなかったような?

産地によっての特長なのでしょうかね?これは数回食べてみないと分かりません(笑)

20080914_sagano006.jpg

後、また画像に写っているのと同じ量のお肉が焼かれる。どれだけ食べても美味しい!横にあるたまねぎも甘くて美味。

20080914_sagano007.jpg

お肉の時に飲んだワインは「Chateau d'Issan 2004 Margaux」。こちらは後から知りましたがパーカーポイント91点だそうです。値段もいいですしやはり美味しいですよね。

地域はマルゴー・メドック・グラン・クリュ・クラッセ・格付第3級とのことで素性も明るい(笑)

酸味はあまり高くなく、タンニンもまろやかでした。味わい全体が複雑な印象を受けましたね。ボルドーにしてはやさしい感じでした。今回の料理には良くあったように思います。


さて、料理はまだまだ続きます(笑)

20080914_sagano008.jpg

次は、しめじとにんにくの芽の炒め物。特ににんにくの芽が生とのことで大変美味しかったです。シャキシャキとしておりにんにくの程よい刺激が口いっぱいに広がり、その後香りが鼻から抜けます。

20080914_sagano009.jpg

そしてサラダで口直し。

20080914_sagano010.jpg

食事の最後はご飯と湯葉のお味噌汁と香の物だったのですが、ご飯をガーリックライスにしていただきました。ガーリックが効いていてこれまた美味。

でも、ここの店舗は日本料理の中に併設されていることもあり、にんにくは鉄板で焼かないというポリシーらしいです。ガーリックライスは別の厨房で作られ、持ってこられました。

でも、それをいためたら匂いが出そうですが。。。今回はお肉の時はにんにくチップでいただだきました。それはそれで十分美味しいのですけどね!

20080914_sagano011.jpg

デザートは(なし、巨峰、ラズベリー、キューイ、ゆずシャーベット)。

ワインも本当に美味しくいただき、いい気分。満足。。。

と思いきや、もうすこし飲みましょうということでホテル内にあるダーレーというシックなバーに移動してカクテルを楽しみました。

僕は、ストロベリーの甘めのカクテルとダイキリ。2段の豪華なおつまみと一緒に。

クールダウンするには丁度いいかも。。。

かなりいい気分で部屋に戻って、いうまでもなく即爆睡しました(汗)

日本料理 嵯峨野[ホームページ]
鉄板焼き
TEL:075-342-2163
住所:京都市下京区烏丸高辻東入ル

昨日はプールに行った後、歓迎会のために銀座にある牛庵さんに行きました。

料理はしゃぶしゃぶ、すき焼き、ステーキの中からどれか。

歓迎される後輩Tくんに注文をお願いし、あまり見ず期間限定 すき焼きのコースを注文しました。

しかし、「お肉はヒレもしくはサーロインどちらにしますか?」「焼き方はいかがしましょう?」って???すき焼きに焼き方があるんだ?初めて!

あまり無知をさらけ出してもと思い「サーロインでミディアムにしてください」

と、次々出されるコース料理

20080905_antipasto.jpg

お通しの後に出された前菜三種(ひらめのカルパッチョ、生ハムサラダ、カニの和え物)

20080905_antipasto.jpg

牛たたきはモチモチしていいサシ具合。

その後、サラダが来て

それらを食べ進んでいくと、、、

20080905_antipasto.jpg

いきなりステーキ登場(笑)

「えっ!頼んだのはステーキじゃなくてすき焼きですけど。。。」と言ったら今回のコースにはステキーが付いてくるんだと。 すき焼きの前にステーキなんて信じられない!!!意外としっかりした食べ応えのあるステーキでした。ソース2種類と岩塩もナイス。

それからすき焼きへ。(皆、おなかいっぱいという声が。。。)すき焼きの肉もデカイ。

20080905_antipasto.jpg

牛庵さんは神戸牛の霜降りみたいですね。サシはちょっと少なめ。

野菜を先にしっかり焼く→上にお肉を乗せる→割り下入れてグツグツという手順でした。

20080905_antipasto.jpg

野菜を先に焼いた方が甘みが出て美味しいらしい。

20080905_antipasto.jpg

お肉を卵にくぐらせとろっとろ。

最近、中の人と話す機会を増やすようにしています。いろいろ情報を入手しないとですね。

とりあえずコース料理のメニューは

牛佃煮、前菜三種(ひらめのカルパッチョ、生ハムサラダ、カニの和え物)、牛たたき、サラダ、ステーキサーロイン100g、すき焼き(野菜盛、神戸牛霜降り肉)ご飯、香の物

ご飯おかわりしましたw


後輩Tくんは奥さんと子供を連れて上京。すごいなー。福岡からの上京組みも多くなってきましたね。

また機会を作って飲みたいです。

最近仕事が少し落ち着きを取り戻したので昨日(5日 金曜日)は遅めの夏休みをいただきました。

事前にテレビの番組表のような休み計画表を作ったのでやりたいことはたくさんありましたが意外に整理でき、順調に休みを満喫しています。

昨日は朝から掃除洗濯を済ませ、軽く勉強した後買い物に出かけました。

平日のデパートはすごくすいていることにビックリ。いつも行く伊勢丹メンズ館とマルイメンズ館で洋服を物色しました。バーバリーが一番無難で購入することが多いのですが、今回は「Souk」というブランドを覗いてみることに。以前からすこし気になっているショップではあったんですが、新しいところに入るのってちょっと勇気が要るでしょ(笑) 今回はお客も少なかったですし、店員さんも良い感じだったのでショーウィンドウに飾られていたアウター、インナーを購入してみました。秋用なので涼しくなってから着ることになるでしょう。早く着たい!


その後、伊勢丹の地下で惣菜とデザートを買い家に戻ってきました。
さすが伊勢丹の地下は品揃えも豊富。副都心線に直結なので便利。

今週末は一人で絶対に飲もうと決めていましたからワインもちょっといいものを。。。

先日購入していたクレマンを開けました。

ネットで1万円強ですのでレストランで飲むと大体3万円程度。一人で飲むにはちょっともったいない気もしましたが、今回はお疲れさま会ということで(笑) 自分へのご褒美は自分で与えないとですね。

20080905_antipasto.jpg

一品目は6種類のアンティパスト(ほうれん草のキッシュ、スモークチキン、ポテト、ハンバーグ、トマトソースのニョッキ、コーンとパプリカの炒め物)。意外にポテトが爽やかな香りがして美味しかったです。鶏のスモークも香りがしっかり付いていて良い感じでした。

20080905_Cheese.jpg

それと、ワインを楽しむためにブルーチーズをいただきました。味にコクがあり塩分や辛味がしっかりしています。しかし、ちょっとマイルド。こちらも伊勢丹で見つけた一品。3週間程度で食べきらないといけないそうですが、全然大丈夫かも。あまったらミルクで少し溶いてパスタに絡めると美味らしい。良い事聞いた(笑)横にあるクラッカー?も一緒に購入したものですが、少しだけ甘い味が付いているだけなのでほとんどがチーズの味。チーズを楽しみたい時にはお勧めです。

20080905_pasta.jpg

そして、いつも通りトマト系のパスタ。赤ワインを飲む時はどうしても。。。ドコモをやめる時にポイントをグルメギフトと引き換えたものです。結構おいしい。今回は上のブルーチーズを少し加えました。コクが出て正解でした。

20080905_cake.jpg

後は、デザートに苺のミルフィーユに金のモンブラン。こちらはアンリ・シャルパンティエのものです。本当はひとつでもいいかなと思いましたが厳重な包装をしてくれるのでちょっと気の毒だなってことで金のモンブランも購入しました(気の毒なのは半分口実w)。

金のモンブランはラム酒が入っているとのことで大人の味でした。しかし、土台に入れられていた変な食感のものはいただけなかった。。。苺のミルフィーユは期待通りの味でバニラビーンズが効いていました。しかし、ミルフィーユを食べる時にはいつも周りが散らかる。。。美味しいからいいのだけど。。。


20080905_clement.jpg

前置きが長くなりましたが、ワインのクレマンのお味はというと、驚きはないもののボルドー地区らしい味わいで何よりも香りが強かったですね。ワイングラスの中に鼻を入れて鼻から香りを吸い込んだら咽る位でした。

20080905_wine_color.jpg

カルベネのブレンドでソーヴィニョン60%、メルロ40%。色は黒系の赤で味も黒系の果実のニュアンスを感じさせてくれます。タンニンもそこそこ力強くてトータル的にリッチな味わいでした。
満足でした。

ワインを飲みながらDVDのジャンパーを観ていましたがいつの間にか寝てしまっていたようです。。。

また、来週から頑張ろう。そういう気分になりました(笑)

--------------------------
品名:CHATEAU PAPE CLEMENT 2004(シャトー・パプ・クレマン)
生産国:フランス
地 域:ボルドー
品 種:ソーヴィニョン60%、メルロ40%
タイプ:ミディアム~フルボディ
--------------------------

■ワインの評価
----------------------------------------------
味     :★★★★☆
値段   :★★★★☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い


>>  同じワインを試してみる

アイテム

  • 20080915_jyunsei014.jpg
  • 20080915_jyunsei013.jpg
  • 20080915_jyunsei012.jpg
  • 20080915_jyunsei011.jpg
  • 20080915_jyunsei010.jpg
  • 20080915_jyunsei09.jpg
  • 20080915_jyunsei08.jpg
  • 20080915_jyunsei07.jpg
  • 20080915_jyunsei06.jpg
  • 20080915_jyunsei05.jpg

このアーカイブについて

このページには、kimkim2008年9月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはkimkim: 2008年8月です。

次のアーカイブはkimkim: 2008年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。