飲み頃の温度

高値で買ってきたヴィンテージワインも飲みごろを知らなくては台無しになってしまいます。飲みごろには熟成の進み具合も大切ですが、ワインの種類によって一番おいしく飲める適温を知ることが大切です。
一般的に日常飲むためのワインは、買ったらすぐに飲まれるものとして出荷・販売されているので早めに飲むことをおすすめします。ただ種類によっては熟成型もあって「ヴィンテージ表」や「お店のアドバイス」などを参考にするのがよいでしょう。

赤ワインの適温

赤ワインは常温で飲むものと思われがちですが、これは昔の温度に合わせたことで、現在の温度には合っていないようです。保存温度が適温より高かったら冷やしてもおいしくいただけます。

ライトな赤は14℃~16℃、コクのある赤は16℃~18℃、若い早飲みは10℃~14℃が適温です。

ワインの適温早見表

ワインのタイプ 温度
まろやかでコクのある赤 16~18℃
軽めの赤 14~16℃
ロゼ 6~12℃
早飲みタイプの赤、コクのある白 10~14℃
酸味の強い白、デザートワイン 5~10℃
シャンパン、スパークリングワイン 5~8℃

白ワインの適温

白ワインは冷やしすぎると、風味、香りともあまり感じなくないます。コクのある白は10~14℃、酸味の強い白は5~10℃が適温といわれています。

スパークリング、ワイン、シャンパンの適温

発泡性のワインは、温度が高くなるとびん内の炭酸が拡張し、コルクを開栓したときに吹き出したり酸味が落ちてしまいます。
辛口でシャープなものは8℃、甘口のタイプは4℃と冷やした方が口の中ををさっぱりしてくれますし、甘み、風味を引きたてます。

ワインの正しい冷やし方

ワインセラーがない家庭でワインを冷やすには、ワインクーラーが一般的です。
ワインクーラーには氷水を入れて、ワインボトルの肩までつけて冷やします。ただし、1分ごとに約1℃ずつ下がりますので注意しましょう。