香りについて

ワインの香りにはとても多くの情報が隠されています。ワインを香りで分類する場合は原料となるブドウによる風味の「アロマ」と、ワインの熟成による香りの「ブーケ」に分けられます。
香りの分類によく使われるのが、花の香り、果実の香り、ハーブの香り、土の香り、樹木の香り、スパイシーな香り、動物の香りなどがあります。
しかし、使用されるブドウのその年の良し悪しなどによって、風味、香りは異なってきますので一概には言えません。カビ臭い・コルク臭がある、などは異常な匂いとなります。

アロマ

原料となっているブドウが発する香りのことです。一般的に、あまり成熟していない若いワインはブーケよりもアロマのほうが強いといえます。

ブーケ

発酵や熟成によって樽やビンの中で生まれる香りのことです。ブーケ「とはフランス語で花束を意味します。一般的に、しっかり熟成したワインほどブーケは強く、そのため風味も強くなります。アロマが豊かなほど、ブーケも豊かになるようです。