グラスの種類

ヨーロッパの長いワインの歴史から生まれたワイングラス。そのデザインもさまざまです。

ワイングラスの形状で味わいをより一層引き立ててくれるものもあります。グラスの形状の数は何十種類にもおよびます。いくつか使い分けているとその違いに驚くはず。グラスは薄いほどワインの味を邪魔しない。また、飲むときに鼻先がワイングラス内に入ると、香りも同時に吸い込めます。

ボルドー型

内側にカーブしたグラスからは、徐々に香りが立ち、長時間香りを逃がさない。長期熟成タイプのワインに最適。冷やして飲む白ワインには、小ぶりなグラスがいいでしょう。

ブルゴーニュ型

胴の部分の膨らんだグラスは、香りが素早く立ち上がり充満する。ふちが外側にカーブしたものは口をつけた時、舌先にワインがあたり甘味を強調する。酸味の目立つワインに向いている。

発砲性(スパークリング)ワイン

フルート型

立ち上がる泡をゆっくり鑑賞できる。底が鋭角なのは、きれいに泡を立たせるための工夫。

ソーサー型

一気に飲めるのでパーティーでよく使われる。