料理の合わせ方

さあ、料理が用意されました。さてどんな料理と合うのでしょう!この料理にこのワインというルールはありません。一般的に「魚料理に白ワイン、肉料理に赤ワイン」といわれていますが。相性を一口で言えば、味の淡白な料理にはサッパリしたワイン。濃厚な料理にはコクのあるワインが合うといえるでしょう。長い経験から生まれた一般的な傾向を紹介しましょう。

オードブルには白ワインが良く合います。天ぷらには「酸味の効いた辛口」の白ワインが、素材の持ち味を生かした和食(刺身・生がき等)には「ごく辛口」の白ワインが、ホワイトソース系の料理には「コクのある」白ワインがピッタリです。中華にはロゼワインがよく合います。淡い味付けの肉料理では「軽い」赤ワインが、濃い味付けやスパイスのきいた肉料理では「強いコクのある」赤ワインがよく合います。

あなたなりの「ワインと料理の相性ノート」を作ってみるのも、いいかもしれませんね。まずはワインと料理の組み合わせをあまり堅苦しく考えずにワイワイと「ワインと料理」を楽しんでください。