ワインの保存法

ワインを保存する上で注意したいのは、温度、湿度、光、振動、においなどです。
また、テーブルワインやカジュアルなワインであれば冷蔵庫でも大丈夫ですが、高価なものやヴィンテージものは、横に寝かせてワインセラーで保存するのがよいでしょう。

温度

ワインは温度が高いと変質したり、低すぎると熟成が止まってしまいます。長期熟成には10~15度が最適です。短時間に室温が変化する冷暖房のある部屋には保管しないようにしましょう。

湿度

湿度は高すぎるとラベルなどにカビが発生したり低すぎるとコルクが乾燥し、中のワインが劣化する可能性があります。ワインは、60%前後の湿度が最適といわれています。

直射日光や光を当てると、ワインの多くは化学変化を起こし、変質する可能性があります。

振動

ワインに旅をさせるなと言われるほど、振動には弱いようです。振動により化学変化が進み、変質する原因になりますので、取り扱いには十分に注意しましょう。

におい

ワインの香りはとてもデリケートで、においの強いもののそばに置くと、においが移る可能性があります。特に開栓したあとのワインは注意しましょう。

ワインは横にして保存する

ワインを横に寝かせて保存するのは、コルク栓を乾燥させないためです。コルク栓が乾燥するとコルクの収縮が起こり、そこから空気が入り酸化します。

正しいワインの保存の仕方

開栓した若いワインはボトルストッパーやシャンパンストッパーで再栓すれば、冷蔵庫で約1週間保存できます。ヴィンテージものは開栓したらその日に飲みきりましょう。
高価なもの、ヴィンテージものはワインセラーで保存するのが一番です。