オーストラリア

オーストラリア

オーストラリアのワイン生産量は世界第6位であり、年間約4億リットルのワインを世界に輸出しています。 また、国内においても年間約4千万リットル消費されているそうです。オーストラリア大陸南部の気候が比較的冷涼な沿岸に葡萄畑が多くあり、降水量が少ないため灌漑を行なっています。南オーストラリア州でオーストラリア全体の半分が生産されており、ビクトリア州、ニュー・サウス・ウェールズ州、西オーストラリア州やタスマニア州もワインの重要な産地を多数有しています。オーストラリアの最も代表的な葡萄の品種はシラーズ(Shiraz)である。

オーストラリアは、南半球のワイン生産の大国です。醸造技術は、世界最先端であり、フランスの大手ワインメーカーもオーストラリアのワインメーカーと技術提携を締結し、オーストラリアでワインを醸造しています。オーストラリアでは、高品質のワインも数多く生産されていますが、ヨーロッパのワインに比べて値段が手頃で気軽に楽しめます。