白ワイン: 2009年5月アーカイブ

先日アップした、京都フレンチの次の日は美味しい京料理をいただきましたが、まだ書いていない記事が溜まってきましたのでワインに関連性の高いものを先にアップし、その後また書きたいと思います。

といってもまたワインを飲み続けるのでいつ書けることやら、、、。しかし、是非、京都の和食もご紹介したい。

5月の16日(土)、17日(日)は実家の熊本に帰省しました。今回は特にこれといって用事はなかったのですが、ゴールデンウィークで実家に帰らなかったので両親に顔見せといったところです。今年は結構帰っているかも。
20090516_trattoria-federico001.jpg
16日(土)の夜はまたフェデリコさんにお邪魔しました。
20090516_trattoria-federico002.jpg
上の写真はお店の一番奥に飾られている絵画です。内装にはオーナーシェフ 坂本さんのこだわりが随所に反映されています。デザインに対するインタビューはこちらをご参照ください。楽しく食事をするレストランの空間って本当に大事ですよね。

こだわりの空間に包まれながら、今回は珍しくコースでいただくことにしました。
コースの金額は。。。記憶が定かではないですが、確か6千円くらいだったような気がします。
20090516_trattoria-federico003.jpg
こちらは鯛のカルパッチョで、上に乗っているのは熊本産の塩トマト。熊本のトマトってすごく美味しいんですよね。食べるとその違いは歴然です。チーズはパルメニャーノを摩り下ろしたもの。シャンパンと一緒に美味しく頂ました。
20090516_trattoria-federico004.jpg
あっという間にシャンパンを飲み干し、ボトルワインへ。料理を待っている間にワインセラーを物色させていただきましたが、美味しそうなワインがたくさんでした!

セラーの中のワインは一本ずつ価格と名前が書いてあって見ているだけでも楽しいです。この日は久しぶりにイタリアワインのブルネッロ・ディ・モンタルチーノをいただくことにしました。正式名称はBRUNELLO DI MONTALCINO 2001 IL Colle (ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2001 イル・コッレ)価格は13,800円。
20090516_trattoria-federico005.jpg
ワインの色はこんな感じです。若干くすみがあり、色も濃厚。注いだだけでいかにもイタリアワインという香りが漂ってきます。

しっかりとした果実味と、程よいボリューム感。2001年ですが熟成した飲み応えのある味です。

また、サンジョヴェーゼ特有のタンニンや骨太い逞しさもあり古典的な印象を受けましたね。ブルネロの中ではコストパフォーマンスが高い一本だと思います。ワインの詳細はこちら>> 20090516_trattoria-federico006.jpg
続いてはイカの詰め物と生ハム。手前のイカには海老とフランス豚のペーストが詰めてありました。奥の生ハムは「ル ノワールドゥ ビゴール」という豚で、濃厚ながら繊細なコクが楽しめました。甘いシロップがかかっていて、上にいちごが添えてあります。軽く胡椒もかかっていましたので甘さを引き立てつつ、ピリリと味を引き締めていましたね。
20090516_trattoria-federico007.jpg
カボチャの冷製ポタージュ。この日は少し暑かったので冷製だったのでしょうね。
20090516_trattoria-federico008.jpg
スキャンピとピスタチオのパスタ。最初出てきた時にはその容姿に少しビックリしましたが、味はいい意味で大きく裏切ってくれます。パスタは卵が練りこんであり、ピスタチオの食感、風味と実に良くからんでとても美味。もちろんスキャンピのニュアンスもしっかりと主張しています。
20090516_trattoria-federico009.jpg
バケット。硬すぎず美味しかったです。
20090516_trattoria-federico010.jpg
次に魚料理が出てくるということでセオリーは無視した形になりますが白ワインをオーダーしました。いつも良くしていただくお店の方おすすめの一本。Bourgogne Aligate "a・ligoter"[2007] Alice et Olivier de Moor(ブルゴーニュ・アリゴテ・"ア・リゴテ"[2007]アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール)というワインです。ネット上でも売り切れが多いみたいですね。
20090516_trattoria-federico011.jpg
色はこんな感じ。ワインの色も写真で撮って残しているのでその違いが良く分かりますね。今回の品種はアリゴテ。初めての品種です。

辛口ですっきりとした味わいです。ミネラル感もあり美味しかったですね。エチケットは縄でワインを引っ張る絵が描いてあるのですが、これは「Ligoter」という言葉がフランス語で「ひもで縛る」という意味を持つところから来ているそうです。面白いですね(笑)価格は7千円程度でしたかね?ワインの詳細はこちら>> 20090516_trattoria-federico012.jpg
今日のお魚はヒラメ。出汁にはカサゴを使われているそうです。こちらはかなり肉厚のヒラメでしたね。上に乗っているネギとあわせて美味しくいただきました。
20090516_trattoria-federico013.jpg
最後にメインのお肉。こちらは肥後赤牛で、上に乗っているのはいちぢく!バルサミコソースと程よい果実の甘みで大変美味しかったです。程よい弾力で厚みがあるので食べ応えがあります。今回の赤ワインに良く合いました。お肉の下に敷いてあるじゃがいもペーストはいつも美味しいなって思います。
20090516_trattoria-federico014.jpg
最後のお酒はグラッパ。イタリアンの最後にはやはりグラッパを飲むのがツウぅ?しかし、今回気づいたことなのですがグラッパを飲んだ次の日は喉から胃に掛けて猛烈にヤケます。胸焼けが激しく2週間くらい大変な状態になることが判明。。。今頃気付いたのか。。。以前は飲みすぎたからかな?って思っていたのですが、どうもグラッパの仕業のようです。しかし、、、今回も飲んでいる時にはそれを知る由もないのでした。。。
20090516_trattoria-federico015.jpg
デザートでベイクドチーズケーキ。隣はバニラアイスでしたかね?ミントを添えて。
20090516_trattoria-federico016.jpg
デザートとカプチーノで終了。大満足!

お会計は33,000円。この前の京都に比べると段違いのCP!

料理も大変美味しかったです。ご馳走さまでした。

■TRATTORIA FEDERICO(トラットリアフェデリコ)の訪問履歴
2008年12月
2008年 8月

TRATTORIA FEDERICO(トラットリアフェデリコ)
住所:熊本市上通町5-46 イーストンビル2F
電話:096-352-1512
座席:40席
営業時間:11:30~24:00(L.O.23:00)

--------------------------
品名:BRUNELLO DI MONTALCINO 2001 IL Colle (ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2001 イル・コッレ)
年代:2001年
生産国:イタリア
地 方:トスカーナ
地 域:モンタルチーノ地区
品 種:サンジョヴェーゼ
タイプ:赤、フルボディ
飲んだ場所:TRATTORIA FEDERICO(トラットリアフェデリコ)
--------------------------

■ワインの評価
----------------------------------------------
味     :★★★★☆
値段   :★★★★☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い

>> 同じワインを試してみる


--------------------------
品名:Bourgogne Aligate "a・ligoter"[2007] Alice et Olivier de Moor(ブルゴーニュ・アリゴテ・"ア・リゴテ"[2007]アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール)
年代:2007年
生産国:フランス
地 方:ブルゴーニュ
品 種:アリゴテ 100%
タイプ:白
飲んだ場所:TRATTORIA FEDERICO(トラットリアフェデリコ)
--------------------------

■ワインの評価
----------------------------------------------
味     :★★★★☆
値段   :★★★★☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い

>> 同じワインを試してみる

前編を読んでない方は前編からご覧ください。>>前編へ
20090504_bron_ronnery010.jpg
前編で紹介した3本の中から、結局、ピノ・ノワールのシャンベルタンをいただきました。
今回のワインのエチケットは今までのシャンベルタンの中で一番シンプルでしたね。見た目いかにも高価な佇まい。ワインリストの金額は45,000yenでした。
20090504_bron_ronnery011.jpg
こうやってグラスを並べてみると凄く綺麗ですね。生産年は2000年ですが開封後すぐに飲んでも然程タンニンのきつさは感じられませんでした。しかし、まだ白ワインに合う料理が残っていましたので白ワインから先にいただきました。その間に赤ワインが酸化して、また違った一面を見せてくれます。
20090504_bron_ronnery012.jpg
次に、温かいポタージュ。ここで一度胃を暖めると、さらに食欲が増します。和食の椀物が途中に出るのと同じですね。というか箸と一緒に写真を撮ると本当に和食に見えますね(笑)
20090504_bron_ronnery013.jpg
その後、白身魚のパイ包み焼き。麦やパプリカが添えられていてベースはクリームソース。
20090504_bron_ronnery014.jpg
そして、次にバフェットにキノコを添えて。

ソースは少し甘めでしたね。程よい弾力がありなかなか美味しかった印象があります。シャンベルタンと一緒に楽しめました。

ワインの詳細も少し紹介しておきましょう。ワインは先の画像にもあった「Chambertin Cuvee Heritiers Latour(シャンベルタン・キュヴェ・エリティエ・ラトゥール)」をオーダーしました。ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営で、ブルゴーニュを代表する生産者です。

ブルゴーニュ2大ワインのひとつといわれ「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。コート・ドール最大のグラン・クリュを所有しているそうです。畑は無農薬農法で出来るだけ人の手で行うこだわりがあるとのこと。十分に手間隙掛けていいものが出来るとは限りませんが、必要不可欠なことですね。

色はとても透き通っていて以前飲んだものより薄い印象があります。シャンベルタン独特の芳香が鼻腔をくすぐり、まだ口に含む前にもワインの味を想像させてくれます。タンニンと酸が絶妙なバランスにあり、繊細な味わいです。余韻が残りますがやわらかくしつこくありません。

今回も、大変高価で貴重なワインをいただきましたね。
20090504_bron_ronnery016.jpg
最後にデザート。大体今までのメニューをみてお分かりだと思いますがいつも通りデザートに来る頃にはお腹が一杯、、、。一応、説明しておきます。デザートの盛り合わせ(手前から、パッションフルーツのシャーベット、チョコレートムース、アップルパイ、バニラアイスといちご)でした。それぞれ美味しかったですが、この辺の記憶は断片的です(笑)
20090504_bron_ronnery015.jpg
デザートは写真のようなラウンジ席に移動してからいただきました。
20090504_bron_ronnery017.jpg
そうそう、終わりかと思っていましたが最後にドドーーン!大ボリュームのパイ生地のスイーツが(笑)デザートが多すぎな気もしなくはないですが。。。

なんとか、最後までいただきました。

当日のお支払いは9~10万円くらいでしょうか。。。料理に関しては若干割高な印象?ですかね。

しかし、京都のフレンチ十分堪能させていただきました。和食意外の京都。大変勉強になりました。

BRON RONNERY ブロン・ロネリ/THE SCREEN内[ホームページ]
京都府京都市中京区寺町丸太町下ル下御霊前町 640-1
電話番号:075-252-1215
営業時間:LUNCH 11:30-15:00(L.O.14:00)
     DINNER 17:00-22;30(L.O.21:00)

--------------------------
品名:Chambertin Cuvee Heritiers Latour(シャンベルタン・キュヴェ・エリティエ・ラトゥール) 年代:2000年
生産国:フランス
地 方:ブルゴーニュ
地 域:コート・ド・ニュイ地区 ジュヴレ・シャンベルタン村
品 種:ピノ・ノワール100%
タイプ:赤、フルボディ
飲んだ場所:BRON RONNERY ブロン・ロネリ/THE SCREEN内
--------------------------

■ワインの評価
----------------------------------------------
味     :★★★★☆
値段   :★★★☆☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い

>> 同じワインを試してみる

ちょっと前のお話になりますが、ゴールデンウィークは大阪、伊勢、京都に行ってきました。

前半は天気もよく快適でしたね。後半はちょっと崩れてしまいましたけど。。。

伊勢はまた内宮へ向かいました。木々の覆い茂る静寂の中、玉砂利のザクザクという音と共に足を一歩一歩踏みしめて参拝する儀式はなんとも言えないですね。ここでしか味わえない空気感があります。表では、丁度橋の架け替えが行われていました。

伊勢からはそのまま京都へ移動し、19時過ぎにチェックイン。ホテルは和のテイストを取り入れたモダンなつくりになっています。それぞれの部屋はデザイナーとのコラボレーションでデザインとレイアウトがなされているちょっとユニークなホテルです。

THE SCREEN
http://www.the-screen.jp/
20090504_bron_ronnery001.jpg
夕食はホテル内のBRON RONNERY ブロン・ロネリというところで和×フレンチのコース料理をいただきました。お店の中はラウンジとテーブル席がありますが、フレンチを食べるときは通常のテーブル席でいただくそうです。
20090504_bron_ronnery002.jpg
席の奥には龍の絵をあしらった襖があり、天井には花の絵で和が演出されています。ホテルのモダンな造りから考えると外国人に好まれそうですね。
20090504_bron_ronnery004.jpg
僕の頭上には椿が描かれていてその隣を見ると、紅葉があり、朝顔、サクラと続きます。
柱を中心として四季が表現されているのですね。

さて、料理はというとウェブサイト上には本格フレンチとありますが京フレンチという感じで、京都のテイストが入っています。

それでは、夕食を順追ってご紹介したいと思います。
料理は18,000円のコースでハーフボトルのヴーヴーがサービスとのことでした。実は前日にもヴーヴーを飲んでいたのですが。。。
シャンパンを飲みながら明日の京都観光の話をしているとアミューズが登場。
20090504_bron_ronnery007.jpg
もう、かなり前の記憶ですので定かではありませんが、手前がサーモンとカブのマリネ。奥がテリーヌをキューブ状にしたものでした。こうやって画像でみると殆ど和食のお通しですね。

あっという間にシャンパンがなくなり白ワインを飲むことに。プイィ・フィッセを注文しましたが切らしているということだったので、他のものを検討。お店の方がオススメの白があるとのことで持ってきて頂きました。

それが、こちら。
20090504_bron_ronnery005.jpg
IIIB(トワベー)・エ・オウモン 白/ジャン・クロード・マス」というワインで卸している業者もオススメとのこと。

ワインの感想は、このクラスにしてはバランスの取れているワインだと思いました。ボリュームがありふくよかな味わい。フルーツや樽のニュアンスも感じさせます。白ワインは冷たい方が好きなので冷やしていただきました。
20090504_bron_ronnery006.jpg
"IIIB(トワベー)"とはドメーヌ最上級のクラスを意味するそうです。
調べてみると『一個人』フランス(白)1位を獲得していたみたい。その他のラインナップが気になるところではありますが。。。

どちらかというと料理の味がちょっと濃い印象を受けましたので繊細なワインよりはしっかりとしたワインで正解だったかもしれません。
20090504_bron_ronnery009.jpg
その次に出てきたのが野菜とイカカルパッチョ。野菜を程良い火加減でボイルし甘みを出しているのだとか。お話を聞いているとこだわりの一品のような感じでした。酢の酸味がありましたね。塩加減も若干多い印象。どれも大振りで食べ応えがありました。
20090504_bron_ronnery008.jpg
そうしているうちに早くも赤ワインを選ぶことに。ワインリストの中から美味しそうなのを3本持ってきていただきました。最終的にはエチケットを見てから決めることにしました。

後編へ続く。

BRON RONNERY ブロン・ロネリ/THE SCREEN内[ホームページ]
京都府京都市中京区寺町丸太町下ル下御霊前町 640-1
電話番号:075-252-1215
営業時間:LUNCH 11:30-15:00(L.O.14:00)
     DINNER 17:00-22;30(L.O.21:00)

--------------------------
品名:IIIB(トワベー)・エ・オウモン 白/ジャン・クロード・マス
年代:2007年
生産国:フランス
地 方:ラングドッグ&ルーション
地 域:リムー
ランク:A.O.C.リムー
品 種:シャルドネ100%
タイプ:白 辛口
飲んだ場所:BRON RONNERY ブロン・ロネリ/THE SCREEN内
--------------------------

■ワインの評価
----------------------------------------------
味     :★★★☆☆
値段   :★★★☆☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い

>> 同じワインを試してみる

書きたい記事がたまりにたまっています。。。

今回は4月26日(日)に伺ったMARUGO GRANDE (マルゴーグランデ)の記事を書くことにしましょう。

20090509_marugo_grande001.jpg

こちらは新宿にあるワインバーです。以前書いたMARUGOが本店で、そこの姉妹店になります。4月10日がオープンしたようでまだ新しいですね。少し前から気になっていたのですがやっと入ることが出来ました。

店内は新しく出来たというだけあってとても綺麗です。照明やレイアウトも計算されているのでしょう、外から見た印象は水族館のようで驚きがあります。また、席数が120席と普通のワインバーに比べると大きいフロアです。

水族館的な印象はワインが円状のガラスケースに入れられていたり、中央の螺旋階段を下りていくところには3面ガラス張りの中に所狭しとワインが陳列されているからでしょうね。

20090509_marugo_grande006.jpg

ワイン好きには銘柄を見るだけでたまりませんね(笑)

店舗デザインは、スーパーポテト出身の有名デザイナー橋本夕紀夫氏が担当とのこと。同氏はコンラッド東京、ペニンシュラ東京という外資系高級ホテルのインテリアデザインも手掛けているそうです。どおりで目を引くわけです。

さて、この日食べた料理とワインを簡単に紹介しておきたいと思います。料理とワインの価格設定はかなりリーズナブルです。

20090509_marugo_grande002.jpg
勝沼産スズキのカルパッチョ 1,200円

20090509_marugo_grande003.jpg
イタリアの薄焼きパン トリッパの煮込みソース 700円

20090509_marugo_grande004.jpg
貝3種 白ワイン蒸し 1,200円

20090509_marugo_grande005.jpg
チーズ盛り合わせ 1,500円(シャウルス:牛白カビ/ロックフォール:羊青カビ/ミモレット:牛ハード)

MARUGO本店で調理されていた方がここGRANDEでも調理されていました。以前本店で食べた時よりは美味しく感じたのはお店の雰囲気も手伝ってでしょうかね?

料理に合わせてワインは4種類いただきました。

20090509_marugo_grande010.jpg

■白:マックスレゼルバ07 (チリ)品種:シャルドネ
 香りは少ないが樽の香りが印象的。ミネラル感があって重みあり。

■白:ラッファ07(イタリア)品種:パッセリーナ
 すっきりとした果実味がありマスカット味が強い。

20090509_marugo_grande011.jpg

■赤:サブラン06(フランス)品種:グルナッシュ
 複雑な果実味がありカルベネソービニョンに似た印象。重みあり。

■赤:ブルゴーニュルージュ 07(フランス)品種:ピノノワール
 渋みとタンニンが強めで酸味もあり。口当たりはライトな印象。

気軽に入って食事とワインを楽しめる感じですね。

ひとつ気になったのは前述した水族館のようなワイン達。トイレに行く時には地下に続く螺旋階段を下りていくのですがロマネコンティやエシェゾー、その他高級ワインがずらりと並べられています。ワインセラーの中には常時2300本。凄いですね。。。スタッフの方にたずねてみると中身はすべて入っているそうです。

20090509_marugo_grande007.jpg

ロマネの1980年代は200万円程度だとか、、、。エシェゾーやその他高級ワインも10万円をくだらないと思います。

20090509_marugo_grande008.jpg

新宿という立地、リーズナブルな価格帯、それを求めてくる客層から考えるとお店は賑わっていても、ここにあるような高級ワインを何人の方が飲むのか、、、。知りたいですね。

20090509_marugo_grande009.jpg

ワインオープナーをモチーフにしたロゴが可愛いです。

MARUGO GRANDE (マルゴーグランデ)
東京都新宿区新宿3-6-14 新世界ビル 1F
電話番号:03-6457-7305
営業時間:17:00~翌2:00
席数:120席 (2フロア120席)

アイテム

  • 20090516_trattoria-federico016.jpg
  • 20090516_trattoria-federico015.jpg
  • 20090516_trattoria-federico014.jpg
  • 20090516_trattoria-federico013.jpg
  • 20090516_trattoria-federico012.jpg
  • 20090516_trattoria-federico011.jpg
  • 20090516_trattoria-federico010.jpg
  • 20090516_trattoria-federico009.jpg
  • 20090516_trattoria-federico008.jpg
  • 20090516_trattoria-federico007.jpg

このアーカイブについて

このページには、2009年5月以降に書かれたブログ記事のうち白ワインカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは白ワイン: 2009年3月です。

次のアーカイブは白ワイン: 2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。