イタリアワイン: 2008年6月アーカイブ

前記事にあるスプマンテは会話をしながら飲んでいたので料理はカルパッチョだけ合わせた形になりました。2品目のスパゲッティーからはタイトルにあるBarbera d'Asti Superiore(赤)をいただきました。

イタリアの赤ではトスカーナのモンタルチーノか、ピエモンテのバローロを飲む機会が多いですが、今回はそれ以外で美味しいものをというオーダーにしました。

ソムリエが勧めてくれたバルベーラ・ダスティ・スーペリオーレはバローロと同じピエモンテのものです。

しかし、ブドウの品種は異なり、バローロはネッビオーロを使っていて、バルベーラ・ダスティ・スーペリオーレはバルベーラを使っています。

香りはさほど強くはないですが、しっかりしたものがありました。ミネラル感があり、やわらかい口当たりに加えタンニンが程よく残り、長い余韻を与えてくれます。なかなかのワインでした。

エチケットをもらってきましたが小さくサイのイラストが書かれています。こちらはちょっと謎ですが、変わったエチケットなので印象に残りそうです。また、機会があれば飲んでみたいですね。

参考までに、ワインリストでは23,000円台。

--------------------------
品名:Barbera d'Asti Superiore 2005(バルベーラ・ダスティ・スーペリオーレ)
生産国 イタリア
地域 ピエモンテ
品 種 バルベーラ100%
飲んだ場所:ホテルニューオータニ ベルヴュー
ランク:バルベーラ・ダスティDOC
--------------------------

■ワインの評価
----------------------------------------------
味     :★★★★☆
値段   :★★★☆☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い

>> 同じワインを試してみる

遅くなってしまいましたが、ホテルニューオータニ ベルヴューでいただいたワインのご紹介です。

Ca'del Bosco Franciacorta Brut Nuova Cuvee」はスパークリングワインですが、ソムリエが「シャンパーニュ方式で造られるイタリアのスパークリングワイン」と説明してくださいましたね。

キメの細かい泡で確かにシャンパーニュのようなマイルドな舌触り。しかし、エレガントでボリュームのある味わいでしたね。口の中に程よく残ります。

通常スプマンテは泡が大きめで、分かりやすい味という印象がありますが、こちらは少しそれとは違いましたね。

夏のお昼にクーラーの効いた部屋でこのスパークリングが飲めたら最高です(笑)

参考までに、ワインリストでは13,000円台でした。

--------------------------
品名:Ca'del Bosco Franciacorta Brut Nuova Cuvee(カ・デル・ボスコ フランチャコルタ・ブリュット・ヌオーヴァ・キュヴェ)
生産国 イタリア
品 種 シャルドネ種 45%
    ピノ・ビアンコ種 40%
    ピノ・ネロ種 
飲んだ場所:ホテルニューオータニ ベルヴュー
ランク:DOCG
--------------------------

■ワインの評価
----------------------------------------------
味     :★★★★☆
値段   :★★★★☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い


>> 同じワインを試してみる

アイテム

  • チーズ盛り合わせ.jpg
  • カボチャのリゾット.jpg
  • ジェラート.jpg
  • 仔羊ロイン.jpg
  • スパゲッティ.jpg
  • カルパッチョ.jpg
  • SANTAGOSTINO ROSSO.jpg
  • kaminoshizuku.jpg

このアーカイブについて

このページには、2008年6月以降に書かれたブログ記事のうちイタリアワインカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはイタリアワイン: 2008年5月です。

次のアーカイブはイタリアワイン: 2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。