シャンパン: 2010年11月アーカイブ

11月13日は友人と国立新美術館で行われている「ゴッホ展」に行った後、ミッドタウンへ移動しフレンチディナーにしました。「MIDTOWN CHRISTMAS 2010」と題してライトアップされたのが11月11日からだったのでタイミング的にはちょうど良かったみたいです。ミッドタウンのイルミは初めて見ました。

入ったお店はミッドタウン内の「Cuisine Française JJ」というフレンチレストラン。ミッドタウンでは唯一のフレンチレストランだそうです。店内は落ち着いていて席数は比較的少なめ。テーブルの並びも少し工夫されているのか、隣のテーブルの会話が気にならないようなレイアウトになっています。

シャンパン
まずはシャンパンで喉を潤す。辛口で美味しいシャンパンでした.

アミューズブーシュ
左からパテ、シュー、白子。

一皿目のオードブル
オマール海老のテリーヌ。テリーヌというより表現は悪いけど、タマゴ焼きのような食感。周りに添えてあるソースは酸味のあるソースとバジルのオリーブオイルソース。

白ワイン
白ワインは僕が好きなソービニヨン・ブラン。
それとモンラッシェ。グラス白のラインナップは3種でしたがこちらのモンラッシェが一番値が張るとのこと。価格設定はどの程度か分かりませんが、3千円程度でしょうか?多分、シャンパンも同じくらいの値段だと予想。

メイン(魚)
白身魚の名前はしっかりと覚えていませんが、、、確かマトウダイと言われていたような。ソースは濃厚なフォアグラソース。キノコも香ばしくなかなか。
パンは少し小振りですが、周りは適度なハードタイプで中はもっちりソフト。小麦の味も良く、自分の好みのパンでした。
パン用のバターはクリスマス仕様。

メイン(牛)
黒毛和牛フィレ肉のポワレ 煮詰めた赤ワインソース。濃厚でお肉も適度な弾力を保っていました。写真はちょっと分かりにくいかな?

赤ワイン
一緒にいただいた赤ワインはピノ・ノワール。香りはちょっと抑えめでしたが、なかなか。
友達が飲んだメドックの赤ワインの方が料理には合っていたかもしれません。

パティシエお薦めのデザート
デザートは2種類あり、どちらかを選ぶという感じでした。自分はチョコレートのスイーツ。濃厚なクリーミーなチョコレートと横に添えられているのは柑橘系のシャーベット。

カプチーノ
デザート第二弾
最後に、紅茶、コーヒーと一緒に小さなスウィーツをワゴンより好きなだけ選んでいいというサービス。「全種類でもいいですよ」と言われましたが、とてもたくさんの種類があったのでそれはさすがに、、、。5種類をいただきました。

グラスに入ったスイーツ左の丸いスイーツはワサビが入っていて、ほんのり香りが。珍しい味でした。個人的には右上のトリュフ生チョコが好みかな。

ワインはグラスだけのセレクトでしたが、白、赤それぞれ3種類用意されています。ラインナップはちょっと不満かな?エチケット見ただけで、、、どれが美味しいのか明白!という感じでした。それが一番高いのだけどね、、、。

会計は2人で3万円台後半。東京のクリスマスをさきどりしたフレンチディナーでした。

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2010年11月以降に書かれたブログ記事のうちシャンパンカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはシャンパン: 2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。