イタリアン: 2009年3月アーカイブ

前編を読んでない方は前編からご覧ください。>>前編へ

次に、SCHUG 2005というワインを飲みました。
ワインは1本目もそうですが、スタッフの方と話をしてからチョイス。こちらもカルフォルニアワイン。郷に入れば郷に従え的な自分です(笑)

20090314_aw_kitchen009.jpg

先に飲んだワインよりは口当たりも良く飲みやすい印象を受けました。

20090314_aw_kitchen011.jpg

色はワインレッドでそんなに濃く無かったですね。

20090314_aw_kitchen010.jpg

次にAW一番人気とされる「100%フルーツトマトのトロッフィエアラビアータ」。酸味がありフレッシュさを存分に感じられるトマトパスタです。普通の大ぶりなトマトではなくフルーツトマトなのでまた違った印象を受けます。パスタはユニークなショートパスタ。モチモチとした食感があります。ソースは結構辛いです。

20090314_aw_kitchen012.jpg

3人だったのでパスタは2皿オーダーしました。ほうれんそうを使ったパスタで、パスタの中にもペースト状にして練りこんであるような色をしていました。形状はタリアテッレかリングイネのような平い麺でした。ソースはクリーム系でそんなにこってりしてはいませんでしたね。このときは結構ほろ酔い気分(笑)

20090314_aw_kitchen013.jpg

そして、ワインは2本を飲み干しましたが足りなかったのでグラスで注文。こちらの名前は分かりません。だってもうすでにほろ酔いなんだもん(笑)

20090314_aw_kitchen016.jpg

それから、子羊のロースト。そんなに特徴はないですが、少し脂身が多いように思いました。脂身はねっとりとしてとても美味しいです。添えてあるグリルした野菜も美味しかったですね。和牛のバフェットも食べてみたかったです。子羊をオーダーする時はすでにお腹一杯の状態でしたからさすがに抑えておきました。

20090314_aw_kitchen017.jpg

こちらはイカスミが練りこんである自家製パン。フランスパンのような固さはなく中もしっとりしていました。出てきた時はその色にビックリしましたね。

お店の全体的な印象は、気軽に入れるしスタッフの方も明るくて応対は良いように思いました。雰囲気もよくカップルで行くと女性には喜ばれるかも知れません。

今回は予約時に「20時まででしたら空いています」ということで17時半くらいから始めたんですが、あっという間に時間がたちましたね。結局20時からは満席できっかり終わりでした。人気店ゆえに当然といえば当然ですね。本当はデザートとコーヒーをいただきたかったですけど、、、そちらは次回楽しむことにしましょう。

それと、僕はやはりワインも大好きなのでワインの品揃えについてはちょっと不満がありますかね。。。しかし、行く人によっては使えるお店だというのが分かりました。次回行く時にはパスタを初めに決めて前後に何を食べるか選んでみたいと思います。

今回のお会計54,000円(3名)

AW Kitchen(エーダブリュ キッチン) [ホームページ]
東京都目黒区東山1-22-3
電話:03-3713-3678
営業時間:ディナー:月~土 17:30~翌2:00
          日 17:30~24:00

先日は中目黒にあるAW Kitchenに行ってきました。

こちらは以前からよく噂を聞いていたので、是非行ってみたいレストランのひとつでした。やっと念願が叶いましたね。

20090314_aw_kitchen001.jpg

中目黒駅から徒歩10分程度と少し距離があるとの事でタクシーで向かいました。中目黒は美味しい料理を想像させるようなお店が軒を連ねていますね。その通りから少し入った住宅が並ぶ中にお店はあります。

普通に歩いてふらっと入るような場所ではないため、皆さん調べておいしい食事をする目的で足を運ばれているのでしょう。

外観や、外から見える中の印象は都会っ子が気軽に使うお洒落なレストランという印象。女性に好まれそうな感じですね。

メニューの構成も思っていたよりリーズナブル。

アラカルトが中心で、パスタハウスということもありその辺が充実していました(メニューを見るまではパスタハウスという認識はなかったのだけれど、、、)。

とりあえずグラスのシャンパンで乾杯。

注文した料理とワインを順追ってご紹介していきます。

20090314_aw_kitchen002.jpg

イカスミと胡桃のバゲットは豚の肩ロースをペースト状にしたものを乗せて。胡桃の食感が心地よく、肩ロースのペーストはレバー程のまとわり付き感がなく、美味しくいただきました。

20090314_aw_kitchen003.jpg

AWはバーニャカウダがおいしいので有名です。当日は3人でしたので豪華盛りでした(笑) 他のお店のバーニャカウダソースはオリーブオイルとアンチョビが分離しているものが多いけれど、こちらは分離していませんでしたね。とてもまろやかな印象。しかし、ニンニク、アンチョビの味はしっかりしています。白濁していましたが何かオリジナルのものが入っているのかもしれませんね。新鮮な野菜にカウダ(温かい)ソースをディップして。。。美味。

20090314_aw_kitchen004.jpg

鯛のカルパッチョはよくオーダーしますが金目鯛というのは始めてかも。「天然」とメニューにありましたが鮮度はそんなに良くなかったような、、、。脇の方に柑橘系の皮を削ったものが添えられていて好みに合わせて付けて食べます。また、野菜が新鮮。ここのお店は野菜が美味しい。仕入れはAW指定農園だったか、お店が農園を持っていると伺いしました。

20090314_aw_kitchen006.jpg

そして、ワインは「NEWTON Napa Valley Claret 2006(ニュートン・ナパ・ヴァレー・クラレット 2006)」という赤をオーダーしました。AWではオーナーの嗜好でカルフォルニアワインが中心だそうです。リストを見ると確かにイタリアワインやフランスワインはあまりありませんでした。個人的にはちょっと残念かも。料金は10,000yen程度

20090314_aw_kitchen007.jpg

しかし、料理を中心に楽しむ考えであれば十分です。
色も濃厚で、味も分かりやすい元気な印象を受けましたね。

20090314_aw_kitchen005.jpg

そして、こちらは白子のお料理。白子のクリーミーで淡白な味を濃厚なソースでアレンジしています。少々辛めなのでワインが進みました。

20090314_aw_kitchen008.jpg

こちらはオムレツ。オムレツというよりキッシュのような食感です。周りの黄色の花びらのように見えるものは削ったチーズだったような?この辺は話しに夢中になって味を覚えていません(笑)

後編へ続く。

--------------------------
品名:NEWTON Napa Valley Claret 2006(ニュートン・ナパ・ヴァレー・クラレット 2006)
年代:2006年
生産国:アメリカ合衆国
地 域:カリフォルニア ナパ・ヴァレー
品 種:カベルネ・ソーヴィニヨン47%、メルロー41%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド4%、シラー4% タイプ:赤・辛口 フルボディ
飲んだ場所:AW Kitchen(エーダブリュ キッチン)
--------------------------

■ワインの評価
----------------------------------------------
味     :★★★☆☆
値段   :★★★☆☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い

>> 同じワインを試してみる

アイテム

  • 20090314_aw_kitchen017.jpg
  • 20090314_aw_kitchen016.jpg
  • 20090314_aw_kitchen013.jpg
  • 20090314_aw_kitchen012.jpg
  • 20090314_aw_kitchen011.jpg
  • 20090314_aw_kitchen010.jpg
  • 20090314_aw_kitchen009.jpg
  • 20090314_aw_kitchen008.jpg
  • 20090314_aw_kitchen007.jpg
  • 20090314_aw_kitchen006.jpg

このアーカイブについて

このページには、2009年3月以降に書かれたブログ記事のうちイタリアンカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはイタリアン: 2009年2月です。

次のアーカイブはイタリアン: 2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。