イタリアン: 2008年6月アーカイブ

前記事にあるスプマンテは会話をしながら飲んでいたので料理はカルパッチョだけ合わせた形になりました。2品目のスパゲッティーからはタイトルにあるBarbera d'Asti Superiore(赤)をいただきました。

イタリアの赤ではトスカーナのモンタルチーノか、ピエモンテのバローロを飲む機会が多いですが、今回はそれ以外で美味しいものをというオーダーにしました。

ソムリエが勧めてくれたバルベーラ・ダスティ・スーペリオーレはバローロと同じピエモンテのものです。

しかし、ブドウの品種は異なり、バローロはネッビオーロを使っていて、バルベーラ・ダスティ・スーペリオーレはバルベーラを使っています。

香りはさほど強くはないですが、しっかりしたものがありました。ミネラル感があり、やわらかい口当たりに加えタンニンが程よく残り、長い余韻を与えてくれます。なかなかのワインでした。

エチケットをもらってきましたが小さくサイのイラストが書かれています。こちらはちょっと謎ですが、変わったエチケットなので印象に残りそうです。また、機会があれば飲んでみたいですね。

参考までに、ワインリストでは23,000円台。

--------------------------
品名:Barbera d'Asti Superiore 2005(バルベーラ・ダスティ・スーペリオーレ)
生産国 イタリア
地域 ピエモンテ
品 種 バルベーラ100%
飲んだ場所:ホテルニューオータニ ベルヴュー
ランク:バルベーラ・ダスティDOC
--------------------------

■ワインの評価
----------------------------------------------
味     :★★★★☆
値段   :★★★☆☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い

>> 同じワインを試してみる

先週の火・水曜日は高熱でダウンしていました。
元々平熱が低いため9度まで上がると本当に起き上がれません。。。でも、9度台のときに頑張って病院に行ってその後、薬を飲んだら1時間半後に面白いように熱が下がりましたね。5度2分まで(笑)

病名は激しい咽頭炎。病院の先生が「激しい」と何度も強調していらっしゃいました。。。

というわけで?!今週末はアルコールで喉を消毒することに!


土曜日は友達とホテルニューオータニでディナーをいただきました。

レストランはイタリアン Belle Vue(ベルヴュー)です。

こちらはニューオータニの40階にあります。

地上144メートルですから眺めが素晴らしかったです。雨が降っていなければもっと良かったですが、そこまで気にはならなかったですね。

さすがに高級レストラン。もれなくドレスコードがありジーンズ不可でしたが、特にお咎めなく通してくれました。もう少しちゃんとして行けば良かったです(笑)

周りのお客は普通の食事に来ている夫婦や何かのお祝い事のような方たちが多かったですね。特にハイクラスというわけでもなさそうで、席が結構離れているのでまったく気になりませんでした。


さて、料理はコースで、前菜、メイン、デザートなど好みに合わせての選択方式です。

下の通りにオーダーしました。

-白身魚のカルパッチョ フィオーレのサラダと共に

カルパッチョ.jpg

白身魚は鯛でしたね。後ろに添えてある大根と一緒に食べると触感が変わって楽しめます。周りの粉末状のものと中央のイクラの横にあるのはカラスミでした。美味。

-新鮮トマトのスパゲッティーニ クラシックスタイル

スパゲッティ.jpg

僕はチーズのスパゲッティを頼んでいましたが、友達と変えてこちらをメインに食べました。トマトがすごく濃厚で味が凝縮されていました。太陽の下でノビノビ育った味がしました。美味!

-骨付き仔羊ロインのメイプルソテー シナモンの香りを添えて

仔羊ロイン.jpg

お肉はすごくジューシーでナイフを軽く入れるだけで簡単に切れます。仔牛だから味もさっぱり。とてもとても美味しかったです。メイプルの甘さも料理を引き立てていましたね。もう一度食べたい一品でした。

-ジェラートの盛り合わせ

ジェラート.jpg

味があんまり思い出せません(笑)
普通な感じでした。


一緒に行った友達は

・前菜盛り合わせ出会い"夜景に酔いしれて"
・香るチーズとブラックペッパーのスパゲッティ
・骨付き伊達鶏の備長炭 炭火焼
・桃のコンポートとラズベリーのクープ仕立て

料理がちょっと足りなかったのでメインとデザートの間に
パンプキンのリゾットと、チーズの盛り合わせをいただきました。

カボチャのリゾット.jpg

チーズ盛り合わせ.jpg

一緒に飲んだワインが不思議な味でしたね。
貴腐ワインではないようですが、中国の紹興酒のような甘くまとわり付くような味でした。なかなか美味しかったです。

その後、恒例のグラッパ登場!

さすがに喉が焼けます。。。食道と胃にも刺激が強すぎ(笑)

しかし、イタリアンに来るとこれを飲まないと終わった感じがしなくなってしまったんですよね!


今回、料理と一緒に飲んだのは

「Ca'del Bosco Franciacorta Brut Nuova Cuvee」というシャンパンと「Barbera d'Asti Superiore」という赤ワイン。どちらもイタリア産です。

ワインの詳細はまた、次回の更新としておきましょう。


今回の食事は二人で8万円。すごい金額。。。
しかし、美味しい食事に、美味しいお酒で幸せに酔うことが出来ました!感謝!


今度は、同ホテルにある、かの有名な「トゥールダルジャン」に行ってみたいですね。といっても、もうすこしそういう場が似合う人になるまでの楽しみとしてとっておきましょう。。。まだまだ身分不相応です。


と、ここでは終わらず、そのままの足で飲みに出かけました(笑)

ヘネシーと竹鶴と焼酎とちゃんぽんして最後はあまり記憶にございません。。。


また、おいしいワインを飲むために仕事がんばります。


先週ですが、友達と近所にあるイタリアンに行ってきました。

練馬区の大泉学園にあるMAR-DE NAPOLI(マルデナポリ)というお店で、店内にはピザを焼く窯があります。

そんなに飛び切り美味しいというわけではありませんが、外装、内装の雰囲気が良くてたまに行っていますね。ランク的にはイタリアンのファミレスに毛が生えた程度でしょうか。

オーダーは、前菜(10種)盛り合わせ、生ハムのサラダ、ピザ、パスタ、チョコレートパフェにしました。もう一品あったような。。。?

ワインは「SANTAGOSTINO ROSSO(サンタゴスティーノ・ロッソ)」を注文。シチリアワインです。

SANTAGOSTINO ROSSO.jpg

ネロ ダーヴォラとシラーを使ったワインで、ラズベリーの香りとなめらかな口当たりのワインでした。そんなに高いワインではないのでそれなりといった感じ。


今回お店に行って気づいたのですが、店員の質があまりよろしくないです。。。

最初の料理が出てくるまでに40分以上待たされ、注文したパスタは一向に出てこない。聞いたらオーダーが通っていないとのこと。

パフェもなかなか来ないからどうなってますか?とやんわり聞いても、それから待てど暮らせど出てきませんでした。。。

おしぼりも出てこなかったので自ら取りに行きましたし(笑)
決して込んでいたわけではないんですけどね。


やはり食事をするときにストレスなく、良いタイミングで料理を出したり引いたりするのってすごく重要だと思いました。

サービス料10%払ってもいいからもう少し改善して欲しいですね。

残念ですが、しばらくいかないかも。。。


■ピッツェリア マルデナポリ大泉学園店
http://www.mar-denapoli.com/

アイテム

  • チーズ盛り合わせ.jpg
  • カボチャのリゾット.jpg
  • ジェラート.jpg
  • 仔羊ロイン.jpg
  • スパゲッティ.jpg
  • カルパッチョ.jpg
  • SANTAGOSTINO ROSSO.jpg
  • kaminoshizuku.jpg

このアーカイブについて

このページには、2008年6月以降に書かれたブログ記事のうちイタリアンカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはイタリアン: 2008年4月です。

次のアーカイブはイタリアン: 2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。