赤ワインの最近のブログ記事


少し前の話ですが、恵比寿 ジョエル・ロブションに行ってきました。前回の日記で書いた六本木「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」には2回行ったことがありましたが、恵比寿は今回初めて。ランクとしては六本木より恵比寿の方が上位で、ミシュランでは恵比寿が3ツ星、六本木が1ツ星(2011年)の評価となっています。
ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションの記事はこちらから「2011年2月(前編)」「2011年2月(後編)」「2009年2月

今回飲んだワインは「CHAMBOLLE-MUSIGNY(シャンボール・ミュジニー)」で、全く意識はしていなかったのですが以前の青山のワインバー「バーガンディ」で飲んだワインもシャンボール・ミュジニーでした。ただし、生産村は一緒ですが造り手は違います。バーガンディの記事「Chambolle-Musigny Georges Roumier2003:Burgundy (バーガンディ)青山ワインバー」はこちらから>>

--------------------------
品 名:CHAMBOLLE-MUSIGNY(シャンボール・ミュジニー)
生産国:フランス
地 域:ブルゴーニュ
品 種:ピノ・ノワール100%
タイプ:赤 フルボディ
--------------------------
シャンボール・ミュジニーはフランス中央部ブルゴーニュ地域圏コート ドールにある小さな村の名前です。ブルゴーニュワインの生産地としては有名で、ワイン法が施行されて1936年9月にAOCと認められる由緒あるワイン産地。シャンボール・ミュジニーで生産されるワインは殆どがピノ・ノワール種100%で作られる赤ワインです。

シャンボール・ミュジニーのワインは繊細・優雅・上品。ブルゴーニュワインの中で最も女性的なワインとして知られており「ブルゴーニュの貴婦人」とも呼ばれています。シャンボールで有名な1級畑「レ・ザムルーズ」の意味が「恋する乙女たち」だそうで、シャンボール・ミュジニー村にある泉のほとりで乙女たちが恋の悩みを打ち明け合ったことが名前の由来だそうです。

ワインは4、5万円台だったと思います。ブルゴーニュらしいエレガントなワインでした。これから先は恵比寿 ジョエル・ロブションの簡単なレポです。


お店に到着してからすぐにシャンパンを飲みながら、メニューを確認。当日は13,800円のコースをオーダーしました。

料理に合わせて白ワインもグラスで頼みました。料理の写真は下の通りです。

■アミューズ プーシュ


■サーモンタルタル キャビアと合わせて、カリカリに焼き上げたサフラン風味のトーストと一緒に

■フォアグラの腐乱と鶏の温かいジュレのスープ

■ピエ・ドゥ・コション軽くマスタードを効かせたタルティーヌにトリュフを乗せて

■活オマール海老と小さな野菜をヴァン・ジョーヌ風味のマリニエール仕立てに

■特撰和牛のロティ オニオンのタルト トリュフの香り

■チーズ盛り合わせ(コースとは別でオーダー)

■アヴァン デセール

■なめらかなクリームとキャラメリゼしたバナナを添えて ミキュイなスフレショコラと一緒に

■フォンダンショコラ フリュイルージュのソースとソルベを添えて

■コーヒー

料理の構成、味付けなどフレンチの王道と行った感じ(フレンチ自体そんなに知っている訳ではないですが、そのような雰囲気はありました)。盛りつけのバランスや、器・食材・ソースの色の組み合わせも目で十分に楽しめます。大変豪華な時間でした。


メイン魚は「的鯛のポワレ 黒トリュフと根セロリのピューレ」。トリュフは下のかぶ(だったかな?)と合わせて千切りされていました。トリュフは削ってスライスの方が香りが立つのかもしれません。的鯛の下には根セロリのピューレ。最近フレンチでは良く的鯛が出て来る気がします。

メイン肉は「クラシックな和牛頬肉の赤ワイン煮込み」でした。とても柔らかく肉の繊維に沿ってホロホロとほどけます。中までしっかりソースがしみ込んでいました。ソースは濃厚でビターな味。フルボディの赤ワインに良く合います。

プレデセール」はマンゴーのシャーベットとクレームブリュレ。きめ細かな冷たいシャーベットと、少し暖かいクレームブリュレの温度差も楽しめます。

デザート2品目は「イチゴとトマトのクーリ ライムシロップでマリネしたイチゴとテキーラのソルベ」。さっぱりとした酸味で口直しには最適。

最後に「エスプレッソをプティフィールと」。

2品のデザートと+プティフィールででもう満足。充実感のある食事でした。

実は触れていませんでしたが、今回ワインの写真をあまり撮っていません。。。というか撮れていません。。。この日に出されたワインはまた後日アップしたいと思います。
11月13日は友人と国立新美術館で行われている「ゴッホ展」に行った後、ミッドタウンへ移動しフレンチディナーにしました。「MIDTOWN CHRISTMAS 2010」と題してライトアップされたのが11月11日からだったのでタイミング的にはちょうど良かったみたいです。ミッドタウンのイルミは初めて見ました。

入ったお店はミッドタウン内の「Cuisine Française JJ」というフレンチレストラン。ミッドタウンでは唯一のフレンチレストランだそうです。店内は落ち着いていて席数は比較的少なめ。テーブルの並びも少し工夫されているのか、隣のテーブルの会話が気にならないようなレイアウトになっています。

シャンパン
まずはシャンパンで喉を潤す。辛口で美味しいシャンパンでした.

アミューズブーシュ
左からパテ、シュー、白子。

一皿目のオードブル
オマール海老のテリーヌ。テリーヌというより表現は悪いけど、タマゴ焼きのような食感。周りに添えてあるソースは酸味のあるソースとバジルのオリーブオイルソース。

白ワイン
白ワインは僕が好きなソービニヨン・ブラン。
それとモンラッシェ。グラス白のラインナップは3種でしたがこちらのモンラッシェが一番値が張るとのこと。価格設定はどの程度か分かりませんが、3千円程度でしょうか?多分、シャンパンも同じくらいの値段だと予想。

メイン(魚)
白身魚の名前はしっかりと覚えていませんが、、、確かマトウダイと言われていたような。ソースは濃厚なフォアグラソース。キノコも香ばしくなかなか。
パンは少し小振りですが、周りは適度なハードタイプで中はもっちりソフト。小麦の味も良く、自分の好みのパンでした。
パン用のバターはクリスマス仕様。

メイン(牛)
黒毛和牛フィレ肉のポワレ 煮詰めた赤ワインソース。濃厚でお肉も適度な弾力を保っていました。写真はちょっと分かりにくいかな?

赤ワイン
一緒にいただいた赤ワインはピノ・ノワール。香りはちょっと抑えめでしたが、なかなか。
友達が飲んだメドックの赤ワインの方が料理には合っていたかもしれません。

パティシエお薦めのデザート
デザートは2種類あり、どちらかを選ぶという感じでした。自分はチョコレートのスイーツ。濃厚なクリーミーなチョコレートと横に添えられているのは柑橘系のシャーベット。

カプチーノ
デザート第二弾
最後に、紅茶、コーヒーと一緒に小さなスウィーツをワゴンより好きなだけ選んでいいというサービス。「全種類でもいいですよ」と言われましたが、とてもたくさんの種類があったのでそれはさすがに、、、。5種類をいただきました。

グラスに入ったスイーツ左の丸いスイーツはワサビが入っていて、ほんのり香りが。珍しい味でした。個人的には右上のトリュフ生チョコが好みかな。

ワインはグラスだけのセレクトでしたが、白、赤それぞれ3種類用意されています。ラインナップはちょっと不満かな?エチケット見ただけで、、、どれが美味しいのか明白!という感じでした。それが一番高いのだけどね、、、。

会計は2人で3万円台後半。東京のクリスマスをさきどりしたフレンチディナーでした。
  

プロフィール

アイテム

  • 20100918_burgundy011.jpg
  • 20100918_burgundy010.jpg
  • 20100918_burgundy009.jpg
  • 20100918_burgundy008.jpg
  • 20100918_burgundy007.jpg
  • 20100918_burgundy006.jpg
  • 20100918_burgundy005.jpg
  • 20100918_burgundy004.jpg
  • 20100918_burgundy003.jpg
  • 20100918_burgundy002.jpg

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち赤ワインカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは白ワインです。

次のカテゴリは鉄板焼きです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。