フレンチ: 2011年6月アーカイブ


少し前の話ですが、恵比寿 ジョエル・ロブションに行ってきました。前回の日記で書いた六本木「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」には2回行ったことがありましたが、恵比寿は今回初めて。ランクとしては六本木より恵比寿の方が上位で、ミシュランでは恵比寿が3ツ星、六本木が1ツ星(2011年)の評価となっています。
ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションの記事はこちらから「2011年2月(前編)」「2011年2月(後編)」「2009年2月

今回飲んだワインは「CHAMBOLLE-MUSIGNY(シャンボール・ミュジニー)」で、全く意識はしていなかったのですが以前の青山のワインバー「バーガンディ」で飲んだワインもシャンボール・ミュジニーでした。ただし、生産村は一緒ですが造り手は違います。バーガンディの記事「Chambolle-Musigny Georges Roumier2003:Burgundy (バーガンディ)青山ワインバー」はこちらから>>

--------------------------
品 名:CHAMBOLLE-MUSIGNY(シャンボール・ミュジニー)
生産国:フランス
地 域:ブルゴーニュ
品 種:ピノ・ノワール100%
タイプ:赤 フルボディ
--------------------------
シャンボール・ミュジニーはフランス中央部ブルゴーニュ地域圏コート ドールにある小さな村の名前です。ブルゴーニュワインの生産地としては有名で、ワイン法が施行されて1936年9月にAOCと認められる由緒あるワイン産地。シャンボール・ミュジニーで生産されるワインは殆どがピノ・ノワール種100%で作られる赤ワインです。

シャンボール・ミュジニーのワインは繊細・優雅・上品。ブルゴーニュワインの中で最も女性的なワインとして知られており「ブルゴーニュの貴婦人」とも呼ばれています。シャンボールで有名な1級畑「レ・ザムルーズ」の意味が「恋する乙女たち」だそうで、シャンボール・ミュジニー村にある泉のほとりで乙女たちが恋の悩みを打ち明け合ったことが名前の由来だそうです。

ワインは4、5万円台だったと思います。ブルゴーニュらしいエレガントなワインでした。これから先は恵比寿 ジョエル・ロブションの簡単なレポです。


お店に到着してからすぐにシャンパンを飲みながら、メニューを確認。当日は13,800円のコースをオーダーしました。

料理に合わせて白ワインもグラスで頼みました。料理の写真は下の通りです。

■アミューズ プーシュ


■サーモンタルタル キャビアと合わせて、カリカリに焼き上げたサフラン風味のトーストと一緒に

■フォアグラの腐乱と鶏の温かいジュレのスープ

■ピエ・ドゥ・コション軽くマスタードを効かせたタルティーヌにトリュフを乗せて

■活オマール海老と小さな野菜をヴァン・ジョーヌ風味のマリニエール仕立てに

■特撰和牛のロティ オニオンのタルト トリュフの香り

■チーズ盛り合わせ(コースとは別でオーダー)

■アヴァン デセール

■なめらかなクリームとキャラメリゼしたバナナを添えて ミキュイなスフレショコラと一緒に

■フォンダンショコラ フリュイルージュのソースとソルベを添えて

■コーヒー

料理の構成、味付けなどフレンチの王道と行った感じ(フレンチ自体そんなに知っている訳ではないですが、そのような雰囲気はありました)。盛りつけのバランスや、器・食材・ソースの色の組み合わせも目で十分に楽しめます。大変豪華な時間でした。

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2011年6月以降に書かれたブログ記事のうちフレンチカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはフレンチ: 2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。