鉄板焼きの最近のブログ記事

6月26、27日は新幹線で大阪に行ってきました。N700系は無線LANが利用できるため、個人的には飛行機よりも新幹線の方が快適に時間を過ごせます。
自宅の最寄り駅から新大阪まで3時間半。飛行機でも羽田までの時間、飛行時間、伊丹から新大阪の時間を合わせると同じか、もしくはもう少し時間が掛かりそう。
20100626_Chambertine_001.jpg
26日は大阪ヒルトンホテルにチェックインして、そのままホテル内プールへ。1時間くらい泳いでエグゼクティブ専用ラウンジに上がりました(エグゼクティブルーム利用客は特別ラウンジが利用できます。飲食無料)。

ここは32階で眺めがよく、ゆったりとくつろげます。サービスの方曰く、週末は利用客が多いが平日は空いているとのこと。ねらい目です。

まずは簡単なオードブルとシャンパンで乾杯。運動した後は吸収が早い。。。シャンパン2杯、赤ワイン1杯でほろ酔い気分。

外は雨が降っていたので夕食はホテル内で済ませることにしました。
「3F 日本料理 源氏」では龍馬伝ブームにちなんで土佐コース料理があるとのこと。お願いしてラウンジから予約してもらいました。

そして、予約した時間になったのでお店へ行ったはいいものの、ワインを飲んでしまった影響で和食という感じでもなくなってしまい、、、。結局鉄板焼に変更。

オードブルは済ませたので、コースではなく単品のステーキと簡単なセット物をオーダーしました。
20100626_Chambertine_002.jpg
まずはシェフがガーリックを炒める。先日食べた熊本の時もそうでしたね。先にガーリックを炒めるのが手順のようです。
20100626_Chambertine_005.jpg
ワインの色は写真の通り。深紅でとてもいい色をしていました。
感想は、ピノノワール独特の絹のような舌触りで洗練された印象。果実味があり芳醇さが伺えます。2007年と少し若いですが、しっかりとタンニンも感じられるのでステーキにあわせても飲み応えがありました。
20100626_Chambertine_003.jpg
シェフが調理している間にいくらと湯葉の前菜。湯葉はうっすら緑色。そら豆をこしたものを入れていると言われていたような。
20100626_Chambertine_004.jpg
そしてガーリックチップと焼き野菜。
20100626_Chambertine_006.jpg
メインのお肉は宮崎牛 A5ランクのサーロイン200gにしました。今は宮崎が大変なことになっています。少しでも貢献できれば。。。カットは少し薄めでしたね。
20100626_Chambertine_008.jpg
そしてガーリックライス。ご飯はぱらぱら卵の食感も丁度いい。肉片はサーロインの脂身がついているところを使っています。
20100626_Chambertine_009.jpg
赤だしと香の物。
20100626_Chambertine_007.jpg
ワインも完飲!。今回のワインは2007年と若いですが、それはそれでとても飲みやすい印象でした。大満足!値段は1万円半ばくらいでお手ごろです。
実はこの後、移動してマッカラン 13年を2本も空けてしまったのでした。。。

-------------------------
品名:Joseph Drouhin Gevrey Chambertin 2007(ジョセフ・ドルーアン ジュヴレイ・シャンベルタン)
生産国:フランス
地 域:コート・ド・ニュイ
造り手:メゾン・ジョゼフ・ドルーアン
品 種:ピノ・ノアール
格付け:AC ジュヴレイ・シャンベルタン
タイプ:赤、フルボディ
--------------------------

■ワインの評価
----------------------------------------------
味 :★★★★☆
値段:★★★★☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い

>> 同じワインを試してみる

日本料理 源氏 ヒルトン大阪 3F
営業時間:昼食 11:30 ~ 15:00 (ラストオーダー14:30)
     夕食 17:30 (土曜・日曜・祝日 17:00) ~ 22:00 (ラストオーダー21:00)
定休日: 無休
場所: 3階
席数: 124席
個室: 個室 5室(2~16名様ご利用)

そして、番外編として次の日のランチ。
20100626_Chambertine_011.jpg
ヒルトンホテル、中国料理 王朝でブッフェランチ。飲茶も食感がナイスです。
20100626_Chambertine_010.jpg
その後、また移動してこちらもヒルトンホテル内のブラッセリー チェッカーズでモエ・シャンドンを飲みました。昼からシャンパン、、、幸せです。って、どれだけ飲んだら気が済むのか、、、。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、ほろ酔い気分で新幹線に乗り込みました。
帰りはN700系ではなかったため無線LANが使えず。。。残念。次回は上りの新幹線もN700系を狙っていきたいと思います。

今回、大阪での食事はALLヒルトンホテルでしたね。
4月23日(金)は休みをいただいて3日間九州に帰ってきました。実家では家庭料理で新鮮な海の幸を堪能。家族水入らずで楽しく食事が出来ました。次の日はケアハウスに入っているおばあちゃんに会いに行きましたが思ったより元気そうで少し安心しました。お世話をしてくれている方たちもとても良い人ばかりの様子でした。

そして、24日(土)の夕食は二人でホテルニューオータニ「鉄板焼りんどう」へ。
ここは以前伺った事があるお店で今回が二度目でした。カウンターのみのお店です。
20100424_Montalcino_001.jpg
この日のワインは「CASTELLI MARTINOZZI Brunello di Montalcino 2003(カステッリ マルティノッツィ /ブルネッロ ディ モンタルチーノ 2003 )」というワインをいただきました。
-------------------------
品名:CASTELLI MARTINOZZI Brunello di Montalcino 2003(カステッリ マルティノッツィ /ブルネッロ ディ モンタルチーノ 2003 )
生産国:イタリア
地 方:トスカーナ モンタルチーノ
造り手:カステッリ マルティノッツィ
品 種:ブルネッロ100%
タイプ:赤、フルボディ
--------------------------

■ワインの評価
----------------------------------------------
味 :★★★★☆
値段:★★★★☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い

>> 同じワインを試してみる

色はこんな感じです。
20100424_Montalcino_002.jpg
酸味と渋みも程よいく、すっきりとした印象でした。フルーティーなニュアンスと香りも程よくあります。全体的にバランスの取れたワインだと思います。鉄板焼きは食材の味を楽しむ調理法なのでミディアムボディからフルボディの間くらいのワインが合うのかもしれません。とても美味しいワインでした。ワイン単体での値段は分かりませんが1万円台後半くらいだと思います。
20100424_Montalcino_003.jpg
前菜は白身魚とマグロのカルパッチョ。白身魚はレモン風味のソースがかかっていましたね。マグロの方は一般的なカルパッチョソースです。それとカマンベールチーズに蟹をボイルしたものを添えて。
20100424_Montalcino_004.jpg
次にフライドガーリック。サクサクとした食感でニンニクの香りはしつこくありませんでした。
20100424_Montalcino_005.jpg
そして、数種の焼き野菜。写真の手前から、エリンギ、ナス、山芋、パプリカ、サツマイモだったと思います。焼き始めが同時だったため一気に来てしまいました(笑)
20100424_Montalcino_006.jpg
地元で取れた野菜を使われているようで味がとても濃厚でした。
20100424_Montalcino_007.jpg
そしてメインのステーキ。今回はサーロインをオーダーしました。鹿児島県 指宿産の黒毛和牛のサーロインだそうです。生産者の名前も言われていましたね。最近は安心・安全で美味しいものを食べたいということからトレーサビリティの管理もしっかりやられているのでしょうね。というかそういうブランドでお金を取れるのだとも思いますが。。。

サーロインは周りの脂身はすべて取って調理しているとのこと。サシが入り十分に脂が乗っています。とても綺麗なお肉でした。大きさは分かりにくいですが1人前200gあると書いてありました。
20100424_Montalcino_008.jpg
こちらが展開した画像(笑)上の2つは普通のサーロインとして出すお肉、下の長いものが「かぶせ」と呼ばれるもので希少部位とのこと。普通のサーロインに比べてサシがかなり多いです。今回は特別に出していただいたのかな?「かぶせ」があるときに当たるとラッキーとのことでした。

そしてお肉を焼いている間に生野菜を食す。こちらも凄く新鮮です。野菜がとても甘い。
20100424_Montalcino_009.jpg
お肉に焼き目をつけて一気にフランベ! 20100424_Montalcino_010.jpg
本当はお祝い事があるときに披露するそうですが今回は他にお客がいなかったためフランベを実演していただけました(笑)こちらも貴重でした。
そして出来上がり(ちょっと食べた後の画像ですが、、、)。
20100424_Montalcino_011.jpg
お肉はかなりのボリュームでした。上質な脂の旨味が口の中でじゅわーっと広がり、お肉もとろけます。サーロインとかぶせの違いも堪能できとても美味しかったです。個人的にはサーロインの方が好きです。
20100424_Montalcino_012.jpg
食事の最後はガーリックライス。
20100424_Montalcino_013.jpg
ガーリックライスはご飯がパラパラでレタスのシャキシャキ感もあり、食感が楽しめます。また、サーロインの脂身を細かく切ってカリっと炒めたものを一緒に混ぜてあるのでこちらの食感や旨味もアクセントの領域を大きく超えて主張していますね。一緒になめこの味噌汁をいただきました。こちらは合わせ味噌。
20100424_Montalcino_014.jpg
最後にフルーツと抹茶ソースのかかったババロア?をいただき、カプチーノで終了。

お会計が二人で4万4千円。久しぶりの鉄板焼、大変美味しくいただきました。

その後、カクテルバーに行きましたがこちらの日記はまた後日アップしたいと思います。

ホテルニューオータニ 鉄板焼 りんどう
電話:096-326-5005
営業時間:11:30?14:30
     17:00?21:30
席数:16席 ※カウンター席のみ
9月13日~15日は京都旅行に行ってきました。

秋の京都にはまだまだ早く、紅葉は11月後半からといわれています。 しかし、9月の京都も緑が綺麗ですし夏休みほどの込み合いもありませんから意外と穴場の期間かもしれません。今回の旅行で行った場所やいただいた京料理はまた別の機会に書くことにしましょう。

東京に帰ってきて早速ですが14日の日曜日に飲んだシャンパンとワインのことを紹介しておきます。

場所は宿泊先のホテル日航プリンセス京都にある「嵯峨野」という日本料理内の鉄板焼きのお店。

料理は1万5千円のコースと別に飲み物をオーダー。
シャンパンは「Taittinger」1万3千円、ワイン(赤)は「Chateau d'Issan 2004 Margaux」1万8千円という組み合わせ♪大変美味しくいただきました。

始めにシャンパンは「Taittinger」いう以前熊本に帰った時に飲んだもので、モエやクリコに比べると泡がきめ細かく、エレガントかつ複雑で上品な印象を受けます。

後口もすっきりしていてバランスが取れた大変美味しいシャンパンです。

20080914_sagano001.jpg

前菜は、秋刀魚の煮付け、ゴマ豆腐、とこぶし。とこぶしってあわびの小さいやつだったかな?しかし、あわびに比べるとかなりやわらかかったですね。

20080914_sagano002.jpg

なすと、しいたけの焼き物。こちらは抑え目の塩加減で素材の美味しさを引き出されてました。

20080914_sagano003.jpg

ホタテ、海老、海老の頭、鯛。海老はプリプリ、海老の頭はカリカリ。美味しくないわけないです(笑)ホタテもしっかり食べ応えがあって鯛も結構身がしまっていました。シャンパンが良く合います。もうすこしゆっくりだったら白ワインもグラスで飲みたかったですがここまでの料理が出てくるペースが意外に早い印象を受けましたね。

メインのステーキを焼いている画像は、、、

20080914_sagano004.jpg

肉が立ってるー(笑)

20080914_sagano005.jpg

シェフに牛の産地を聞いてみると信州牛のA5ランクとのことでした。せっかくですのでレアで焼いてもらうことに。一つ一つも結構なボリュームで噛むたびに肉汁がジュースのようにあふれてきました。最後に肉の繊維質が残る感じ。

以前食べた熊本の神戸牛とはまた全然違った印象を受けましたね。油は神戸牛の方が乗っていて最後に残る繊維質もなかったような?

産地によっての特長なのでしょうかね?これは数回食べてみないと分かりません(笑)

20080914_sagano006.jpg

後、また画像に写っているのと同じ量のお肉が焼かれる。どれだけ食べても美味しい!横にあるたまねぎも甘くて美味。

20080914_sagano007.jpg

お肉の時に飲んだワインは「Chateau d'Issan 2004 Margaux」。こちらは後から知りましたがパーカーポイント91点だそうです。値段もいいですしやはり美味しいですよね。

地域はマルゴー・メドック・グラン・クリュ・クラッセ・格付第3級とのことで素性も明るい(笑)

酸味はあまり高くなく、タンニンもまろやかでした。味わい全体が複雑な印象を受けましたね。ボルドーにしてはやさしい感じでした。今回の料理には良くあったように思います。


さて、料理はまだまだ続きます(笑)

20080914_sagano008.jpg

次は、しめじとにんにくの芽の炒め物。特ににんにくの芽が生とのことで大変美味しかったです。シャキシャキとしておりにんにくの程よい刺激が口いっぱいに広がり、その後香りが鼻から抜けます。

20080914_sagano009.jpg

そしてサラダで口直し。

20080914_sagano010.jpg

食事の最後はご飯と湯葉のお味噌汁と香の物だったのですが、ご飯をガーリックライスにしていただきました。ガーリックが効いていてこれまた美味。

でも、ここの店舗は日本料理の中に併設されていることもあり、にんにくは鉄板で焼かないというポリシーらしいです。ガーリックライスは別の厨房で作られ、持ってこられました。

でも、それをいためたら匂いが出そうですが。。。今回はお肉の時はにんにくチップでいただだきました。それはそれで十分美味しいのですけどね!

20080914_sagano011.jpg

デザートは(なし、巨峰、ラズベリー、キューイ、ゆずシャーベット)。

ワインも本当に美味しくいただき、いい気分。満足。。。

と思いきや、もうすこし飲みましょうということでホテル内にあるダーレーというシックなバーに移動してカクテルを楽しみました。

僕は、ストロベリーの甘めのカクテルとダイキリ。2段の豪華なおつまみと一緒に。

クールダウンするには丁度いいかも。。。

かなりいい気分で部屋に戻って、いうまでもなく即爆睡しました(汗)

日本料理 嵯峨野[ホームページ]
鉄板焼き
TEL:075-342-2163
住所:京都市下京区烏丸高辻東入ル

アイテム

  • 20100918_burgundy011.jpg
  • 20100918_burgundy010.jpg
  • 20100918_burgundy009.jpg
  • 20100918_burgundy008.jpg
  • 20100918_burgundy007.jpg
  • 20100918_burgundy006.jpg
  • 20100918_burgundy005.jpg
  • 20100918_burgundy004.jpg
  • 20100918_burgundy003.jpg
  • 20100918_burgundy002.jpg

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち鉄板焼きカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは赤ワインです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。