Burgundy (バーガンディ)後編:青山ワインバー

| | コメント(0) | トラックバック(0)
前編を読んでない方は前編からご覧ください。>>前編へ

おいしいワインを飲みながら、まだまだ料理は続きます。
20090802_burgundy006.jpg
-総州古白鶏のテリーヌ
総州古白鶏がぎっしり。初めはささ身かな?と思いましたがパサつきがなかったので胸肉かもも肉だと思います。中央にはジュレが乗っていて、周りはベーコンで巻いてありました。味付けは淡白でとっても美味。

-シャンパーニュのグラニテ
写真とっていませんでした。。。今では思い出す術もなく。。。しかし、オーソドックスなグラニテだったような。。。
20090802_burgundy007.jpg
-野菜たっぷり和牛ほほ肉のブルゴーニュワイン煮込み
バーガンディおすすめの一品。牛のほほ肉を使っていて、煮込みすぎると食感と味わいが悪くなるので煮込みは2時間程度なのだとか。固さは煮込まれたタン程度です。確かに弾力性は保たれていましたね。

煮込みは長くはないですが、その前の下ごしらえに数日かかるとのこと。ブルゴーニュワインの風味も程よい。たくさんの野菜も取れてよかったです。やはり料理は手間ひまと愛情ですね。

そうしているうちにあっという間にワインがなくなり、次のワインを選ぶことにしました。
20090802_burgundy008.jpg
2本目は先ほど持ってきていただいた中の一番左にあった「Gevrey Chambertin J.Confuron Cotetidot 2004(ジュヴレ・シャンベルタン J.コンフュロン・コトティド)」にしました。価格は27,000円。先ほどの一本に比べるとエチケットが少し上品です。

--------------------------
品名:Gevrey Chambertin J.Confuron Cotetidot 2004(ジュヴレ・シャンベルタン J.コンフュロン・コトティド)
生産国:フランス
地 方:ブルゴーニュ
造り手:J.コンフュロン・コトティド
品 種:ピノ・ノワール
タイプ:赤、フルボディ
--------------------------
20090802_burgundy009.jpg
ピノ・ノワール独特の色と香り。スパイシーでタンニンもしっかりと感じられます。しかし、味わいにはトゲがなく少々インパクトにかける感じもしました。とはいえ優雅な雰囲気を感じられるおいしいワインでした。

色は上の写真のような感じ。先ほど飲んだRuchottes Chambertin Clos des Ruchottes 2006(リュショット・シャンベルタン・クロ・デ・リュショット)とほとんど同じですが、こちらの方が少しだけ明るい気がしました。

20090802_burgundy010.jpg
-仔鴨のロティ オレンジのハチミツのソース
こちらはコース料理にはなかったのですが別で注文しました。鴨独特の風味がありなかなか。こちらも野菜のソテーが沢山添えられていてボリュームの一品でした。コースの価格からすると少し割高な気もしましたが?というかコースがリーズナブルというべきですかね。

当日の料金は2人で80,000円前後だったと思います。大変美味しいワインと料理をありがとうございました。

思い出したらまたワインが飲みたくなりました(笑)

バーガンディ[ホームページ]
住所:渋谷区渋谷2-3-19 ROSE青山1F
電話:03-5941-6636
営業時間:19:00~
定休日:日・祝、年末年始




トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Burgundy (バーガンディ)後編:青山ワインバー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kimkim-wine.com/cgi/mt4/mt-tb.cgi/69

コメントする

アイテム

  • 20100918_burgundy011.jpg
  • 20100918_burgundy010.jpg
  • 20100918_burgundy009.jpg
  • 20100918_burgundy008.jpg
  • 20100918_burgundy007.jpg
  • 20100918_burgundy006.jpg
  • 20100918_burgundy005.jpg
  • 20100918_burgundy004.jpg
  • 20100918_burgundy003.jpg
  • 20100918_burgundy002.jpg

このブログ記事について

このページは、kimkimが2009年8月 3日 00:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Burgundy (バーガンディ)前編:青山ワインバー」です。

次のブログ記事は「Opus One 2004オーパス・ワン:熊本 CLARETにて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。