[番外編] ふく亭:熊本・大分旅行1日目(1月11日)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
10日から12日の三連休は九州に帰省してきました。

熊本では家族や親戚が集まって食事会、新年会が予定されていました。

親戚一同でたまには寄り合い、近況報告をするのもいいですね。皆、元気そうで何よりでした。

その会では、しま鯵と平目のお造りが美味しかったですね。かなり大きな鉢でした。

20090111_fukutei012.jpg

20090111_fukutei013.jpg

どちらもコリコリした食感。東京ではなかなか食べられませんね。

次の11日は大分に旅行に行ってきました。

友達がふぐが食べたいということでしたのでホテルに到着して早速お店へ。
験担ぎの念も込めて新年から「ふく(ふぐ)」を食べて縁起よく行くことにしました(笑)
また、ふぐは今の時期身がしまって美味しいですからね!

予約したところは「ふく亭」というお店で、コース料理がメインとなっているようです。8千円、1万円のコースがあるとのことでしたが今回は1万円のコースにしました。

20090111_fukutei001.jpg

通された部屋は静かできれなところでしたね。小さくですが中庭が作られていました。

20090111_fukutei002.jpg

前菜からふぐのお造り、白子の茶碗蒸し、ふぐのから揚げ、てっちり、雑炊、デザートと基本的なコースでした。

一応、コース料理の写真を掲載しておきます。

20090111_fukutei003.jpg

20090111_fukutei004.jpg

20090111_fukutei005.jpg

20090111_fukutei006.jpg

20090111_fukutei007.jpg

20090111_fukutei008.jpg

こちらは別で注文したヒレ酒。

20090111_fukutei009.jpg

20090111_fukutei010.jpg

20090111_fukutei011.jpg

ふぐはトラフグのお造りだったのですが、仲居さんに天然か養殖か質問したところ「私はちょっとわかりません。。。」という回答。

多分、養殖なんですかね。身がしまっていて美味しかったですけどね。。。

写真からもわかるように刺身のひと切れがかなり大きいです。

肝も大きくぶつ切りでした。(あとから聞いたところによると肝をぶつ切りしているところは養殖だそうです。天然は裏ごししてペースト状になっているのだとか。)

やはり一通り食べるとお腹いっぱいになりましたね。。。

そのあと、CASK45というバーへ。

CASK45は次のエントリにて。




トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [番外編] ふく亭:熊本・大分旅行1日目(1月11日)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kimkim-wine.com/cgi/mt4/mt-tb.cgi/47

コメントする