NON CONFUNDITUR ARGIANO 2006(ノン・コンファンディテュール アルジャーノ)

|
11月16日は伊勢丹メンズ館に買い物に出かけました。街はやはりクリスマス色が強くなってきましたね。

この日はジャケットが欲しかったのですが結局ジーンズとカットソーを購入しました。

伊勢丹は副都心線が開通すると同時に食品売り場が一新されたたみたいです。丁度帰る途中に食品売り場を通るので誘惑が。。。(笑)

伊勢丹のワインショップはシックな作りでワインが整理して陳列されています。ひときわ目を引きますね。店内にはソムリエバッジをつけた方もたくさんいらっしゃいますので相談してワインを決めるのも楽しみの一つです。

この日もソムリエさんと話しながらワインを決めました。 今回はイタリアワインにしてみました。最近、イタリアワインも飲むことが多いですね。 エチケットは何となく見たことがあると思っていたら、以前友達が持ってきてくれた「ブルネッロ・モンタルチーノ」を飲んだ時についていたARGIANOの文字。エチケット自体も似ていました。

20081116_nc_argiano001.jpg

モンタルチーノとの関係性を聞いてみるとアルジャーノは生産者のようでしたね。近いエリアのブドウを使っているが「ノン・コンファンディテュール」は比較的安価なためブレンドの品種はそこまで信頼が置けるものではなさそうとのことでした。

しかし、これも巡り合わせ(笑)

もう一本似たようなタイプを勧められましたがはじめから気になっていた「ノン・コンファンディテュール」にしてみました。

味わいはいかにもイタリアワインという感じで、サンジョベーゼ独特のタンニンがあり、カルベネ・ソーヴィニヨンのスパイシーさもありましたね。果実味もそこそこで甘みもしっかりと、まとまった印象を受けました。

料理は簡単に生ハム、キノコのオムレツ、トマトソースのペンネ、バケットにしてみました。最近は料理を作ってひとり飲みが多いです。

アルジャーノは「ノン・コンファンディテュール」「ブルネッロ・モンタルチーノ」、その他に「ソレンゴ」というものがあるようで、アルジャーノを世に知らしめた立役者は「ソレンゴ」だそうです。是非飲んでみたい一本ですね。

有意義な日曜日の夕食でした。

----------------------------------------------
品名:NON CONFUNDITUR ARGIANO 2006(ノン・コンファンディテュール アルジャーノ)
生産国:イタリア
地 域:トスカーナ
品 種:サンジョヴェーゼ40%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%、メルロー20%
タイプ:フルボディ
----------------------------------------------
味     :★★★☆☆
値段   :★★★★☆
----------------------------------------------
★3つ...普通 ★4つ...良い ★5つ...とても良い

>> 同じワインを試してみる