少し前の話ですが、恵比寿 ジョエル・ロブションに行ってきました。前回の日記で書いた六本木「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」には2回行ったことがありましたが、恵比寿は今回初めて。ランクとしては六本木より恵比寿の方が上位で、ミシュランでは恵比寿が3ツ星、六本木が1ツ星(2011年)の評価となっています。
ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションの記事はこちらから「2011年2月(前編)」「2011年2月(後編)」「2009年2月

今回飲んだワインは「CHAMBOLLE-MUSIGNY(シャンボール・ミュジニー)」で、全く意識はしていなかったのですが以前の青山のワインバー「バーガンディ」で飲んだワインもシャンボール・ミュジニーでした。ただし、生産村は一緒ですが造り手は違います。バーガンディの記事「Chambolle-Musigny Georges Roumier2003:Burgundy (バーガンディ)青山ワインバー」はこちらから>>

--------------------------
品 名:CHAMBOLLE-MUSIGNY(シャンボール・ミュジニー)
生産国:フランス
地 域:ブルゴーニュ
品 種:ピノ・ノワール100%
タイプ:赤 フルボディ
--------------------------
シャンボール・ミュジニーはフランス中央部ブルゴーニュ地域圏コート ドールにある小さな村の名前です。ブルゴーニュワインの生産地としては有名で、ワイン法が施行されて1936年9月にAOCと認められる由緒あるワイン産地。シャンボール・ミュジニーで生産されるワインは殆どがピノ・ノワール種100%で作られる赤ワインです。

シャンボール・ミュジニーのワインは繊細・優雅・上品。ブルゴーニュワインの中で最も女性的なワインとして知られており「ブルゴーニュの貴婦人」とも呼ばれています。シャンボールで有名な1級畑「レ・ザムルーズ」の意味が「恋する乙女たち」だそうで、シャンボール・ミュジニー村にある泉のほとりで乙女たちが恋の悩みを打ち明け合ったことが名前の由来だそうです。

ワインは4、5万円台だったと思います。ブルゴーニュらしいエレガントなワインでした。これから先は恵比寿 ジョエル・ロブションの簡単なレポです。


お店に到着してからすぐにシャンパンを飲みながら、メニューを確認。当日は13,800円のコースをオーダーしました。

料理に合わせて白ワインもグラスで頼みました。料理の写真は下の通りです。

■アミューズ プーシュ


■サーモンタルタル キャビアと合わせて、カリカリに焼き上げたサフラン風味のトーストと一緒に

■フォアグラの腐乱と鶏の温かいジュレのスープ

■ピエ・ドゥ・コション軽くマスタードを効かせたタルティーヌにトリュフを乗せて

■活オマール海老と小さな野菜をヴァン・ジョーヌ風味のマリニエール仕立てに

■特撰和牛のロティ オニオンのタルト トリュフの香り

■チーズ盛り合わせ(コースとは別でオーダー)

■アヴァン デセール

■なめらかなクリームとキャラメリゼしたバナナを添えて ミキュイなスフレショコラと一緒に

■フォンダンショコラ フリュイルージュのソースとソルベを添えて

■コーヒー

料理の構成、味付けなどフレンチの王道と行った感じ(フレンチ自体そんなに知っている訳ではないですが、そのような雰囲気はありました)。盛りつけのバランスや、器・食材・ソースの色の組み合わせも目で十分に楽しめます。大変豪華な時間でした。


メイン魚は「的鯛のポワレ 黒トリュフと根セロリのピューレ」。トリュフは下のかぶ(だったかな?)と合わせて千切りされていました。トリュフは削ってスライスの方が香りが立つのかもしれません。的鯛の下には根セロリのピューレ。最近フレンチでは良く的鯛が出て来る気がします。

メイン肉は「クラシックな和牛頬肉の赤ワイン煮込み」でした。とても柔らかく肉の繊維に沿ってホロホロとほどけます。中までしっかりソースがしみ込んでいました。ソースは濃厚でビターな味。フルボディの赤ワインに良く合います。

プレデセール」はマンゴーのシャーベットとクレームブリュレ。きめ細かな冷たいシャーベットと、少し暖かいクレームブリュレの温度差も楽しめます。

デザート2品目は「イチゴとトマトのクーリ ライムシロップでマリネしたイチゴとテキーラのソルベ」。さっぱりとした酸味で口直しには最適。

最後に「エスプレッソをプティフィールと」。

2品のデザートと+プティフィールででもう満足。充実感のある食事でした。

実は触れていませんでしたが、今回ワインの写真をあまり撮っていません。。。というか撮れていません。。。この日に出されたワインはまた後日アップしたいと思います。
2月5日は自分の誕生日のお祝いを兼ねて、ラトリエ・ドゥ・ジュエルロブションに行ってきました。
実は今回で、三年連続誕生日のお祝いはロブションです。去年は恵比寿、一昨年は六本木。前回六本木に出向いたときには、ロブション本人がいて一緒に写真を撮ってもらいました。もう2年も前のことか。。。恵比寿での食事はまだ更新してないや、、、そちらはまた今度!
まずはシャンパンで乾杯。スッキリとしているけど、少し甘口。
シャンパンを飲みながら、料理は14,800円のコースに決定。ワインもそれぞれの料理に合わせて出してくれるものにしました。全部で6種類のワインが出てくる構成です。いつもボトルで頼むのでこのようなオーダーは初めて。俗にいう料理とワインのマリアージュです。
まずは、「スペイン ハブコ村のイベリコ生ハム」から。熟成させることで豚の味が凝縮されています。前回の恵比寿、その前の六本木でも出ていました。定番なんですね。と今回で再確認。
店内はこのような感じでスタッフの方は忙しそうに行ったり来たり。前回に比べると世代交代していますね。大学卒業したて?というくらい若い方が多かったです。こちらで修行して、恵比寿もしくは他のレストランで活躍されるんでしょうね?!
そしてワイン1杯目、「2005 U.S.A Paso Robles Esprit. de Beaucastel Blanc , TablasCreek」ライトなすっきりとした飲み口。
2品目の料理は「活ホタテ貝のカルパッチョ キャビアとレモンを使ったヴィネグレットソースで」。酸味もあり、ホタテはねっとりとした食感。
3品目が「仔牛とフォアグラのパテ・アン・クルート サラダパストラルを添えて」フォアグラがより濃厚さを強調しています。写真上部にはジュレが。
寄った写真はこのような感じです。周りはパイ生地のようなもので覆われていました。
そして、ロブションのブレッド。個人的にロブションのパンはとても好きです。
次に「季節の茸と朝採れ卵のミ・キュイ カプチーノ仕立て」。上の赤いものは唐辛子でした。ピリリとしたアクセントがあります。
横から見た図。下にはバジルのソース。カプチーノ仕立ての中にはタマゴの黄身が丸ごと入っています。メニューには朝採れ卵とありますが、確かにつついても弾力があります。

続く。

アイテム

  • 20100918_burgundy011.jpg
  • 20100918_burgundy010.jpg
  • 20100918_burgundy009.jpg
  • 20100918_burgundy008.jpg
  • 20100918_burgundy007.jpg
  • 20100918_burgundy006.jpg
  • 20100918_burgundy005.jpg
  • 20100918_burgundy004.jpg
  • 20100918_burgundy003.jpg
  • 20100918_burgundy002.jpg

最近のコメント

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。